コラム

 公開日: 2016-09-05  最終更新日: 2016-11-21

多治見松陰塾 塾長「つぶやき」特集:毎日追加:多治見の個別指導学習塾:多治見市人気

多治見市個別指導自立型学習塾,21世紀型個別学習塾
ICT教育,宿題指導,予習,復習,戻り学習,先取り学習

自ら学力の高まる勉強方法を伝授します

もし、お子様が自ら進んで基礎から応用まで黙々と集中して勉強する子ども、楽しく学力を高めながら、思考力、判断力、表現力が豊かな子ども、になれたら、どんなにすばらしいことでしょうか。多治見松陰塾では、わかるところから始め、ICTデジタルでマイペースに学力の高まる勉強方法を伝授します。


ICTデジタル講師

わかるところから始め、ICTデジタルでマイペースに勉強を始めた子どもは、勉強が楽しくなり、自ら進んで次々と課題を解決していきます。イライラしないICTデジタル講師が密着し、勉強をナビゲートし、ていねいに、わかりやすく教えるので、さらに楽しく安心して、じっくり快適な勉強ができます。


夏休みと学習習慣

学校によっては新学期が始まっています。夏休みの間に勉強を深く味わう自立学習を身に着けた子どもと、ただ単に宿題を適当に済ませただけの子どもとでは、新学期以降確実に天と地の差が生まれます。学習習慣と自立学習を身に着けた子どもは、この先も問題を自ら次々と解決していけます。


勉強の目的とは

多くの親たちが我が子に望むのは、子ども自身の能力を生かして社会に貢献し、充実した人生を送ってもらうことではないでしょうか。そのために必要な知識、集中力、判断力、自立心を養わせる。これが本来、勉強の目的であり、成績を上げるというのは、あくまで二次的な目的でしかありません。


続けてできる力を育てる

勉強は続けてできる力を育てることが大切です。イヤイヤ言われてやる、やらないから口やかましく叱る、反発するからまた叱る…の繰り返しでは、お子さんは「風船の糸が切れた」ように、もう勉強にはサラサラ目を向けないでしょう。勉強は苦痛だけ。やる気も起こらない。あきらめ。どうでもいい…と。


自ら進んで楽しく勉強

わかりやすい授業だからといって、ただ一方的に講義を聴くだけでは楽しくないし、勉強した気にはなっても、どれだけ学力が定着したか?わかりません。ICTデジタル講師なら、わかるまで繰り返し定着するまで勉強できます。しかも自ら進んで楽しく勉強できるから、勉強の習慣も定着します。親も安心!


ゲーム中毒の子どもと勉強の目標

多治見松陰塾の学習方法は、わかるところから始め、一段一段の低い一直線の階段を上っていくだけですので、勉強方法に迷わず弱点のある単元もすぐ攻略できます。ただゲーム中毒の子どもは、勉強の(本気の)目標がなければ、塾へ来る前にゲームで疲れて寝たり、ゲームをやりたくて塾から早く帰ったり…


ゲーム中毒は保護者と連携

スマホ中毒の子どももラインやツイッターなどが気になって、勉強どころではありません。ゲーム中毒、スマホ中毒を解消するには、保護者様と連携をとりながら解消していくしかないのです。これを解消していかない限り、どんなに勉強を勧めても勉強が頭に入らず、いつも勉強しているフリをしているだけ…


英検を受けませんか

10月8日(土)の第2回英検を多治見松陰塾で受けてみませんか。締切が迫っています。受検日時:10月8日(土)15:00〜、受検会場:多治見松陰塾、会場住所:白山町4-7-1遠藤ビル2F、申込受付:0572-51-4886、申込締切:9月16日(金)21:59


今が楽しければいい?

やはり、思春期の中学生は、強烈な目標、本気な目標がない限り、勉強は続きません。生半可な生き方では、どうしようもない。今が楽しければいい…。生きる目標がない人間に、今すぐ無理やり目標を持て、というには無理があります。テストの点数より、多治見松陰塾へ根気よく通えることが一番大切です。


勉強はマラソンです

勉強はマラソンです。速く走ったり、歩いたり、止まったりでは、リズムが狂い大変苦しくなります。特に積み上げ教科の数学、国語、英語は、マイペースにコツコツと繰り返し勉強して学力を積み上げ、高めていかなければなりません。多治見松陰塾はデジタルで効率よく勉強できる一直線の階段を上ります。


学習量の増加=負担、ストレスが増えただけ

かつて学力低下が問題視され「ゆとり教育」が廃止され、対策が講じられたのは学習量の増加。その為、授業数が増え、先生は忙しくなり子どもと向き合っている余裕が無くなりました。学力を高めるのに単純に学習量を増やして解決になりますか。思考力や判断力、表現力を高めることではないでしょうか。

ICT学習

やらされる勉強

やらされる勉強は長続きしません。言えば言うほど、勉強をしなくなります。子どもは認められ、励まされると「やる気」がでますが、密着・指示・命令でロボット扱いされると「やる気」を失います。失う=反発。この悪循環を乗り越えるには、適度な間合いとタイミングで傾聴・承認・質問をすることです。


管理できないスマホやゲーム

塾へ通う回数が減った、勉強時間が減った時は黄信号。もっと遊びたい、自由に勝手に生活したい、もっとゲームしたい、もっとスマホをいじくりたい、ライン、ツイッター、フェイスブック…ゲーム機もスマホも子どもに与えるだけ与えておいて嘆いても仕方ありません。管理できないのに与えたのですから。


傾聴・承認・質問

せっかく塾へ毎日通い学習習慣ができているのに、テストの結果に親が拘り過ぎて喧嘩ばかり。これは最低最悪。自ら机に向かって勉強していたら、適度な間合いとタイミングで傾聴・承認・質問をしていくことで、子どもは自らの能力を次々と開発、自立していきます。それを管理・批判の繰り返しでは最悪。


環境を変えるしかない

自宅でも移動中でもゲームばかり。スマートフォン漬け。勉強を全くしない。自宅では誘惑が多く、まわりも騒がしく集中して勉強できない。やる気になれない。これは環境を変えるしかありません。もし、お子様が自宅以外の集中できる場所、多治見松陰塾で毎日、自ら進んで黙々と勉強してくれたら…。


勉強に集中できる環境

多治見松陰塾では認定デジタル講師が勉強をナビゲートしながら、わかるところから始め、わかるまで繰り返します。アナログ講師(人)は、つまずきがあり、どうしても困ったときは密着して指導しますが、それ以外は、つきまとうことなく、適度な間合いとタイミングで指導しますので、集中勉強できます。


デジタル先生がいてくれたら

お母様が台所で料理を作る時、目の前にデジタル先生がいてくれたらどうでしょう。そのデジタル先生は、料理の事なら何でも繰り返し教え、間違っていたら先に進ませず指導し、料理をいつもマイペースに自動採点します。それでも誰かにべったりつきっきりで指導されたいですか。逆にイライラしませんか。

完全個別

目的や目標がいい加減

集中できる環境があるのに、勉強しないのを何かのせいにして逃げてしまう。つきっきりでいられるとイライラするくせして、一人になると勉強しているフリ。他ごとをする。人から指示・命令されたくないくせして自分からはできない。これは生きる目的、勉強の目標がいい加減だからです。本気になるには…

デジタル夢中

合う環境と合わない環境

本気になるには多治見松陰塾のような環境に入ることから始まります。人は「それぞれ」です。どんな環境や職業でも「合う合わない」があります。もし多治見松陰塾に合うのであれば、単なる詰め込みではなく、発想力、論理力、表現力、思考力、コミュニケーション能力を自ら進んで楽しむようになります。


一生懸命に生きる姿の影響力

私は親から「勉強しろ!」と言われたことは一度もありません。でも勉強してきました。それは父や母の一生懸命に生きる姿を見て育ってきたからです。親の背中を見て、自分に期待されていることに気づいていたからです。ただ食事の時、父の自慢話を永遠と聞かされ、それは我慢できず何度も爆発しました。

いつも一方的に話を聞かされると…

一方的に話を聞かされる時ほど苦しいものはありません。だから自分が親になったときには逆に、子どもの気持ちを適度なタイミングで聞いたり、いつもべったりつきまとうことなく、適度な間合いで管理したり、適度に子どもを褒めて承認し、質問したりしています。教育コーチとしてのスキルとセンスで。

迷いが無い、油断が無い、隙がない

剣道で1本取るには、1足1刀の間合いから気を充実させ、一瞬の隙を突き、迷いなく打突します。つまり適度な間合いから、気合い、剣さばき、体さばきが一致した時、自然と油断のない心と構えがとれ1本になります。焦って至近距離、密着した間合いで何万回打突しても1本とれません。勉強も同じです。

じっくりと面倒を見てくれる環境へ

生きていく目標に迷いがあったり、目標が無く今が楽しければいいと思っていたり、何事にも無関心で意欲が無かったり…それでは勉強は手につきません。保護者が焦って叱れば叱るほどマイナス方向へ。そうなってしまうと、スッパリと環境を変えなければ解決しません。じっくりと面倒を見てくれる環境へ。

「楽しい」→「わかる」が実現します

多治見松陰塾なら「わかる」ところから始め、楽しく「あっという間に」単元をマスターできます。多治見松陰塾の勉強なら「楽しい」→「わかる」→「楽しい」→「もっとわかりたい」→「楽しい」→「わかる」が実現します。特に遊びたい小学校の低中学年のお子様には、じっくり根気よく指導致します。

ICT(情報通信技術)教育の強み

楽しく「わかる」勉強ができる。だから自ら進んで勉強できるお子様になれます。多治見松陰塾なら、誰かが「つきっきり」で感情的になりイライラすることなく、自分で考えて解決できる「アクティブ・ラーニング」が実現します。これがICT(情報通信技術)教育の強みです。もちろん認定コーチのもと。

積極的創造活動を選ばれるなら

人は「それぞれ」です。人は「それぞれ」ですから誰にも「合う合わない」があります。「指示・命令・支配・服従」の消極的受け身活動を選ぶか、「楽しく創造、思考、判断、表現、コミュニケーション」できる積極的能動活動を選ぶか。積極的能動活動できる勉強を選ばれるなら多治見松陰塾をお試しあれ。

積極的な創造活動=自立学習

多治見松陰塾の教育は「詰め込み教育」でもなく「ゆとり教育」でもない「活用」学習、ICT教育です。他律依存、指示命令、支配服従の世界ではなく、【現状維持】という消極的な世界でもなく【現状打破】という積極的な創造活動、攻略・対話の自立型学習でありマイペースで安心して進める学習塾です。

塾で学校の宿題ができる、やりきる

宿題もやりきってから帰る保証があります。宿題も受身ではなく、常に自ら学習し、解決し、やりきり、わからないことは自らショウイン認定上級コーチに質問する能動学習です。自ら学べる能動学習だから勉強が楽しくなります。どうしてもゲームを止められない、スマホをいじくりたい子は不向きですが…

ICTなら快適に深く学べる

ICT(情報通信技術)は、すでに当たり前の時代。もう皆さんはスマホを当たり前のように使いこなしていますが、ICTなんです。知識は詰め込まなくてもコンピューターが持っています。それを活用し、いかに快適に深く学ぶか。ICT活用で、子ども達は自ら楽しく学んでいきます。基礎から応用まで。

楽しく繰り返し攻略できる塾

今、日本の各企業は4年後の東京オリンピックに向けて、さらなるICT化を進めています。もし子ども達が遊びまくっているゲームがアナログだったら?誰もゲームしませんね。デジタルで繰り返し攻略できるから楽しいのです。勉強も楽しく繰り返し攻略できる塾があったら…。多治見松陰塾なら可能です。

いつでも【無料体験】やってます!

多治見松陰塾では毎日【無料体験】を実施しています。実施した誰もが「わかりやすかった」「楽しかった」と体験アンケートに書いています。体験の申込方法は電話、ホームページ24時間簡単受付3ステップなどで受け付けています。パソコン用ホームページ、スマホ用ホームページでも無料体験できます。

「詰め込み教育」に走った教育の結果

今日のYahoo!記事で「4人に1人が本気で自殺を考えた」という記事がありました。「ゆとり教育」を廃止し、学力向上は学習量をただ単に増やし、心の教育よりも「詰め込み教育」に走った教育の結果です。道徳の時間数は増えていません。学校の先生も生徒指導の問題にいちいち構っていられません。

学校の先生は個別に教える余裕はありません

学校の先生は忙しすぎて、何が何でも1年間で教科書1冊を指導しなければなりません。わかっても、わからなくても、とにかく教科書の内容をどんどん進めなくてはなりません。わからない子どもは置いてきぼりです。いちいち立ち止まって個別に教える余裕などありません。いじめ、暴力が蔓延るわけです。

一方的に聞かされる「わからない」授業

勉強がわからなくても義務教育の縛りがあり、置いてきぼりを食らっても教室でじっとわからない授業を聞かなければなりません。当然、一方的に聞かされる「わからない」授業の中では爆発するしかありません。ストレスが溜まり、いじめ、暴力…もう学校は戦場です。子どもは先生も保護者も信用できず…。

生きていくのに自信と誇りを持てるような接し方

それでも我が子のテスト点数だけに拘って我が子を攻めてばかりでいいですか?それよりも、まず、もっと、子どもの気持ちを聞ける人間関係、もっと、子どもが生きていくのに自信と誇りを持てるような接し方ができる先生、保護者でなければ…。もう、おわかりでしょう。この先はご自分で判断して下さい。

自らイガをこじ開けてこそ

これからの世の中、発想力、論理力、表現力、単なる思考力ではなく批判的思考力、周りの空気を読む力よりもコミュニケーション能力が大切なのです。栗の実は人間が無理やりイガをこじ開けると成長しません。自らの力でイガをこじ開けてこそ成長していけます。勿論、後はきちんとした環境の下で。

スマホで快適に道案内

スマホで地図を開き、現在地も目的地案内までも今、当たり前のようにできます。スマホで快適に道案内してくれるのに、それでも誰かに密着されて道案内されたいですか?横道にソレても音声とデジタル画像を修正し再探索し誘導してくれます。それでも誰かに付きまとわれたいですか?イライラしませんか?

勉強もデジタルで快適に学ぶことができたら

勉強もデジタルで快適に学ぶことができたら…多治見松陰塾ならICTデジタル講師とショウイン認定上級コーチが勉強をナビゲートします。学力の高まる勉強方法を伝授された子どもは、勉強が楽しくなり「自ら進んで課題を次々と解決」していきます。だからさらに勉強が楽しくなります。プラスの循環。

ICT(情報通信技術)教育の圧倒的な強み

勉強が楽しいから「もっとわかりたい」。これが深い学びなのです。受け身の勉強ではなく、自ら進んで楽しく勉強できる「アクティブ・ラーニング」「能動学習」だから実現できます。ストレスばかりが溜まる指示・命令・受け身の世界では…。ICT(情報通信技術)教育の圧倒的な強みです。

瞬時に丁寧に分かり易く誘導してくれる

もうアナログでストレスばかりが溜まる指示・命令・受け身の勉強を卒業しませんか。能率の悪い勉強から快適な勉強に乗り換えませんか。各駅停車の普通列車から快速以上の電車に乗り換えませんか。しかも自分で運転できるから楽しいのです。横道逸れても瞬時に丁寧に分かり易く誘導してくれるから安心。

止められないゲームの特徴

子ども達が夢中になるゲームが、もし紙のアナログで書いたり消したりだったら…。デジタルで瞬時に正誤判定、採点、成績処理、成績詳細カルテ、そして能率よく繰り返し攻略できるから楽しいのです。だから止められないのです。ゲームばかりして勉強しないお子さんに誰もが手を焼いているのが現状です。

楽しいから自ら自分を開発できる

ゲームを楽しむ子ども達。楽しいからどんどん先に進めるように、自分で自分を開発していきます。勉強も楽しくなければ自分から勉強しません。ただどんなデジタル学習でも、子ども達が手の届くようなところにデジタルゲーム機があれば勉強しません。ゲームの誘惑に勝てません。だから環境も大切です。

適度な間合いと必要なタイミングで指導します

多治見松陰塾はパソコンやタブレットを活用し、認定デジタル講師と完全個別の1対1です。したがって密着するのはデジタル講師です。それに加え、アナログの認定上級コーチが指導します。しかも塾生が集中して勉強できるように、適度な間合いと必要なタイミングで指導しますのでイライラしません。

目とICTで一括管理

子どもが困った時、集中できない時にアナログ講師が密着指導することは効果があります。しかし子どもにとって困りもしないのに、しかも集中したいときに密着指導されるとイライラして思考や判断が働きません。密着は親切なようで不親切な場合があります。勿論、一人一人を目とICTで一括管理します。

わかるところから学習を始めた子どもは

わかるところから学習を始めた子どもは、ICTデジタル講師で97%解決し、残り3%をいつでもアナログ講師に解決してもらえるので、安心してマイペースに集中して勉強できます。お子様はご自宅でこのように勉強していますか。子どもは自ら成長しようとするエネルギーを誰もが持っています。あとは…

じっくり、落ち着いて自ら進んで取り組める

あとは、どう引き出し、引き伸ばすか。単なる詰め込みでは実現しません。じっくり、落ち着いて自ら進んで取り組めるICT教育だからこそ、そしてショウイン認定上級コーチが全ての環境(人的+物的)をコントロールしているからこそ、塾生は安心して迷わずマイペースに勉強を楽しむことが可能です。

21世紀型学力を身につけた人材

ただ単に知識を詰め込んだだけの人材は、社会に飛び出した時、発想力、論理力、表現力、批判的思考力、グローバルなコミュニケーション能力という点で困ってしまいます。つまり21世紀型学力を身につけた人材と身につけないまま大人になった人材とでは、生きる力は天と地の差であることは明らかです。

もう今の時代、活用するか、造るか

膨大な知識はコンピューターに詰まっています。その知識をわざわざ頭に詰め込むだけの空しい毎日よりも、活用し、能率よく快適な生き方をしていった方が…。コンピューターを活用するか、造るか。もう今の時代、活用するか、造るか、のどちらかです。活用したり造ったりできる人材とそうでない人材…。

ICTでマイペースに楽しく勉強!

勉強はマラソンです。マラソンでみんなのペースで走ったら苦しいですが、マイペースに快適に走ることができたら、途中で諦めることなく、目標を見失わず、最後まで走りきることができます。勉強も「わかる」ところから「マイペース」に「ICT」で快適に効率よく勉強できたら、苦手な単元も楽しく克服!

一方通行の長い話は…

学校では「校長先生のお話」がよくあります。話が短ければ問題ないのですが、話が長いと…。一方的に聞かされる側の子どもは大変苦痛です。しかも立たされていたら脳貧血で倒れます。どんなに内容が濃く、すばらしいものでも、一方通行の長い話は集中力が持たず、誰も聞いてません。ただただ苦痛です。
したがって、このページもダラダラと長いと誰も読まないですね。これからは、ツイッター(twitter)をクリックしてみて下さい。

この記事を書いたプロ

多治見松陰塾 [ホームページ]

塾講師 林泰成

岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL:0572-51-4886

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
林泰成 はやしやすなり

常に自ら現状を打破し、自ら自分を開拓できる子どもを育てる(1/3)

 「私が個別指導学習塾を立ち上げたのは、今の学校教育だけでは生徒を救えないと思ったからです。ゆとり教育の廃止に伴い、先生の数は増えないのに学習量と授業時間だけが増え、学校の先生は一息する間もありません。現状では、立ち止まって子どもとじっくり...

林泰成プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

わかる所から始める、わかるまで進ませない、わかるまで繰り返す

会社名 : 多治見松陰塾
住所 : 岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL : 0572-51-4886

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0572-51-4886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林泰成(はやしやすなり)

多治見松陰塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小学生・中学生・高校生:冬期講習:多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 12月26日~1月9日:希望日選択 【受講時間】15:00~22:00【通い放題】何時間でも1日1...

小2が時計の理解に苦しんでいませんか?多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

今、ハロウィンパーティーから帰ってきた小学2年生女子児童が、時計の勉強を対話学習で一生懸命に学習しています...

ICTと上級コーチが効率よく教える多治見の個別指導学習塾:多治見市人気

もし、お子様が自ら進んで楽しく基礎から応用まで黙々と集中して勉強する子ど も、学力を高めながら思考力・判断力...

高校3年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校3年生冬期講習:予備校講師か対話学習か選択! 高校2年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらを...

高校2年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校2年生の冬期講習多治見松陰塾で学び放題! 高校3年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらをクリ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ