コラム

 公開日: 2016-08-28  最終更新日: 2016-11-21

子どもに「ありがとう」を言おう!【自立型学習塾:多治見松陰塾】多治見個別指導学習塾:多治見市人気






親に

「ありがとう」

を言われたことのない子どもは

感謝の気持ちが理解できません。



親が

「ありがとう」

と感謝の気持ちを表現して初めて

子どもは親がやっていることを

まねしたいと思うものです。



それなくして

ただ「親に感謝しろ」

といくらいってもダメです。





子どもが

自分も親のように振る舞いたい

大人びた格好をしてみたい

と思うのは

成長の過程で当然のことです。



同じように親が失敗したとき

素直に「ごめんなさい」

と言えば

子どもも

「僕が悪かった」と言います。


隼君


親が

「子どもは養ってもらっているから感謝は当然」

「親は間違っても謝る必要はない」

と思っていると

子どもも同じように

「親が優しくするのは当たり前だ」

「なぜ、感謝しなくちゃいけないの」

と思います。



「親が子を育てるのは当然!」

という気持ちからは

感謝の念は生まれません。





親が

子を育てることで

親も勉強させてもらっている

という感謝の気持ちを持った時

子どもも

「育ててもらっている」

「自分も物事を学んでいかなければ」

という感謝の気持ちを

持つことができるのです。


吉田松陰


以上、【松下村塾のつくりかた】
著者:田中正徳より抜粋




完全個別

多治見市の個別指導学習塾
【多治見松陰塾】たじみしょういんじゅく
多治見市白山町4丁目7-1
遠藤ビル2階西C 学校の宿題もできる塾
(0572-51-4886)
バロー多治見、モスバーガー向かい
 自立学習のショウイン

この記事を書いたプロ

多治見松陰塾 [ホームページ]

塾講師 林泰成

岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL:0572-51-4886

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
林泰成 はやしやすなり

常に自ら現状を打破し、自ら自分を開拓できる子どもを育てる(1/3)

 「私が個別指導学習塾を立ち上げたのは、今の学校教育だけでは生徒を救えないと思ったからです。ゆとり教育の廃止に伴い、先生の数は増えないのに学習量と授業時間だけが増え、学校の先生は一息する間もありません。現状では、立ち止まって子どもとじっくり...

林泰成プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

わかる所から始める、わかるまで進ませない、わかるまで繰り返す

会社名 : 多治見松陰塾
住所 : 岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL : 0572-51-4886

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0572-51-4886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林泰成(はやしやすなり)

多治見松陰塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小学生・中学生・高校生:冬期講習:多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 12月26日~1月9日:希望日選択 【受講時間】15:00~22:00【通い放題】何時間でも1日1...

小2が時計の理解に苦しんでいませんか?多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

今、ハロウィンパーティーから帰ってきた小学2年生女子児童が、時計の勉強を対話学習で一生懸命に学習しています...

ICTと上級コーチが効率よく教える多治見の個別指導学習塾:多治見市人気

もし、お子様が自ら進んで楽しく基礎から応用まで黙々と集中して勉強する子ど も、学力を高めながら思考力・判断力...

高校3年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校3年生冬期講習:予備校講師か対話学習か選択! 高校2年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらを...

高校2年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校2年生の冬期講習多治見松陰塾で学び放題! 高校3年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらをクリ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ