コラム

 公開日: 2016-06-28  最終更新日: 2016-11-21

岐阜放送ぎふチャン塾長インタビュー【自立型学習塾:多治見松陰塾】多治見個別指導塾:多治見市人気


どうして個別学習塾を立ち上げようと思われたのですか?


私が個別指導学習塾を立ち上げたのは、今の学校教育だけでは子どもを救えないと思ったからです。

ゆとり教育の廃止に伴い、先生の数は増えないのに学習量と授業時間だけが増え、学校の先生は一息する間もありません。生徒指導の先生も、どの先生も全員相当数の授業、過剰な授業数を抱えていますので、どんな生徒指導上の問題が起きても、自分の目の前の授業を放置するわけにはいきません。当然、他の先生の授業には構っていられません。過密で互いに忙しいのです。たった一人で、次から次へと休む暇もなく続けなければならない教科授業、進路指導、生徒指導、給食指導、掃除指導、部活指導、学校行事指導、様々な出張、各種研究会、数々の会議、膨大な事務処理、果てしなく続く保護者へのクレーム対応…数え上げればきりがありません。一人の先生にかかる負担は、計り知れないものがあります。


現状では、立ち止まって子どもとじっくり向き合う余裕など全然ありません。そういう状況の中で、教科書の内容は残らず次々と消化していかなければなりません。たとえ一方的に指導してでも1年間で教科書の内容をすべて終わっておかなくてはなりません。分かっても分からなくても。勉強についていけない子は置いてきぼりです。置いてきぼりを食らった子どもは、ますます勉強が分からなくなります。


また、先にどんどん進みたい子どもは、みんなのペースに合わせなければいけませんので先に進めません。集団型授業の学校教育では、戻り学習も先取り学習もできず、ただ単に時間が過ぎるだけの毎日、それでいて親子でテストを気にする毎日です。

これまで日本は「根性」だの「精神力」だの、詰め込んだり、押し付けたり、力づくで何でも通用する傾向がありました。もう、そんな時代ではありません。それまで通用した指導でも、いつまでも通用することはありません。

そこで、現在学校で習っている所をもっと勉強したい子、戻り学習をしたい子、先取り学習をしたい子、受験勉強をしたい子、弱点を克服したい子など、勉強に悩む子どもを一人でも救うため、自ら楽しく勉強が進み、個別に効果的に指導できる「多治見松陰塾」を開校しました。



どのような教育方針を掲げていらっしゃるのでしょうか?


日本の学校や学習塾の92%がいまだに詰め込み教育を行っていますが、多治見松陰塾ではICT(情報通信技術)教育を用い、考える教育を重んじます。

ICT教育は「詰め込み教育」ではなく「ゆとり教育」でもありません。今の時代に合ったパソコンやタブレットを有効に活用した「活用教育」「ICT教育」です。子ども達が夢中になってプレイするデジタルゲームもICTを活用しています。ですからICTを活用したデジタル学習は【アクティブ・ラーニング】、つまり受け身学習ではなく【能動学習】なのです。もうストレスばかりが溜まる受け身学習、考えない詰め込みの時代ではありません。子ども達が次々と攻略していくデジタルゲームのように、勉強も自ら思考力を高められる楽しい勉強、無駄のない圧倒的に能率の良い勉強。それが「活用教育」であり「ICT教育」なのです。


ICTというのはInformation & Communication Technologyの略で、この英語の頭文字をとってICTと呼ばれています。多治見市の個別指導塾、多治見松陰塾は、江戸時代の末期に日本を背負う数々のリーダーを生み出した吉田松陰の教育方針を受け継ぎ、消極的現状維持ではなく、積極的創造活動のできる「生きる力」を育成します。

文部科学省は現行学習指導要領で「生きる力」を掲げていますが、そのために、これからの社会で必要とされるのは発想力、論理力、表現力、単なる思考力ではなく批判的思考力、空気を読む力ではなくグローバルなコミュニケーション能力なのです。これらの能力は【21世紀型学力】と呼ばれています。

これからの教育は、考えず、知識をただ単に詰め込むだけの教育では話になりません。自然に知識や技能を習得できるデジタルゲームのように、探究心の持てる楽しい勉強ができることが何よりも重要です。自ら問題を解決できる能力。発明・発見・考案・活用できる能力を楽しく身につけられる環境が「多治見松陰塾」にはあります。

教室の特徴を教えてもらえますか?


多治見松陰塾では、教科書やテスト範囲の勉強だけではなく、パソコンやタブレットを活用した情報通信技術により、時間と空間を超えて幅広く学べます。

講師を務めるのは、デジタル講師。コンピューターと塾生が密着する完全個別の1対1スタイルです。多治見松陰塾には、なんと92のICTデジタル講師と認定上級講師が常駐しています。多治見市の個別指導学習塾【多治見松陰塾】なら、瞬時に次々と課題を解決していけますので、勉強が楽しくなります。認定上級コーチがコーチングし、デジタル講師が攻略勉強、対話学習をナビゲートします。わかるまで繰り返し、自動採点、自動弱点診断、自動カルテを提示します。塾生は常に自分の状態を把握し、手ごたえのある勉強ができます。

子どもたちがゲームに夢中になるのと同様、自ら勉強にのめり込み、デジタルで繰り返し「わかるまで」学習でき、勉強を楽しく効率よく進めることができます。


自動採点・自動分析・自動カルテで学習の手ごたえを、子ども自身が効率よく味わえるのも、情報通信技術教育、つまりICT教育ならではの強みでしょう。

このICT教育により、プロのデジタル講師と塾生が完全1対1となり、課題を次々と解決していきます。さらに認定上級コーチが学力の高まる勉強方法を伝授し、コーチングしていきますので鬼に金棒です。

学校の宿題も塾でやりきって帰ります。さらに個別学習席の数だけしか募集しませんので、開始時間も欠席振替も自由です。全国で最も融通の利く学習塾です。


子ども達は勉強に対してどのように取り組んでおられますか?


デジタルで効率よく『分かるから楽しい』『楽しいから分かる・定着する・深く学べる』という学びの場で、わかるところから始め、わかるまで進まない、わかるまで繰り返す勉強をしています。子どもがゲームにはまるのは、楽しいからですよね。子ども達がゲームを楽しむように、勉強も楽しく効率よく学んでいます。

料金システムはどうなっていますか?


週1回、週2回の回数制受講システムに加えて、保護者の方から好評を得るのは月額定額制の通い放題。毎日60分通い放題、90分通い放題。無制限通い放題コースがあります。




完全個別

この記事を書いたプロ

多治見松陰塾 [ホームページ]

塾講師 林泰成

岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL:0572-51-4886

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
林泰成 はやしやすなり

常に自ら現状を打破し、自ら自分を開拓できる子どもを育てる(1/3)

 「私が個別指導学習塾を立ち上げたのは、今の学校教育だけでは生徒を救えないと思ったからです。ゆとり教育の廃止に伴い、先生の数は増えないのに学習量と授業時間だけが増え、学校の先生は一息する間もありません。現状では、立ち止まって子どもとじっくり...

林泰成プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

わかる所から始める、わかるまで進ませない、わかるまで繰り返す

会社名 : 多治見松陰塾
住所 : 岐阜県多治見市白山町4-7-1 遠藤ビル2階西C [地図]
TEL : 0572-51-4886

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0572-51-4886

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林泰成(はやしやすなり)

多治見松陰塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小学生・中学生・高校生:冬期講習:多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 12月26日~1月9日:希望日選択 【受講時間】15:00~22:00【通い放題】何時間でも1日1...

小2が時計の理解に苦しんでいませんか?多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

今、ハロウィンパーティーから帰ってきた小学2年生女子児童が、時計の勉強を対話学習で一生懸命に学習しています...

ICTと上級コーチが効率よく教える多治見の個別指導学習塾:多治見市人気

もし、お子様が自ら進んで楽しく基礎から応用まで黙々と集中して勉強する子ど も、学力を高めながら思考力・判断力...

高校3年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校3年生冬期講習:予備校講師か対話学習か選択! 高校2年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらを...

高校2年生の冬期講習は多治見松陰塾で学び放題!多治見の個別指導学習塾:多治見市人気
イメージ

 高校2年生の冬期講習多治見松陰塾で学び放題! 高校3年生はこちらをクリック!高校1年生はこちらをクリ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ