コラム

 公開日: 2017-04-14 

【施工事例】揖斐郡揖斐川町 瓦屋根葺き替え工事

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!
今年の春はゆっくりじっくり進んでいきますね。朝晩はまだまだ冷えているので、体調管理が大変です。。

さて、今日は以前お取引先さまよりご依頼頂きました、瓦屋根の葺き替え工事をご紹介いたします!
既存の瓦はJ型のハイシルバー色。新しい屋根材に選ばれましたのは、(株)鶴弥さまの、スーパートライ110 タイプⅠ 銀鱗(ぎんりん)色です。スタンダードなF型の形状をしており、和風・洋風問わずどんなお家にも合わせやすい瓦です。

こちらのお家は、もともと2軒の長屋だったお家を繋げて1軒にしたそうです。
そのため屋根の造りも複雑になっており、2つの棟が平行するところでうまく排水できずに雨漏りを引き起こしました。

ぱっと写真で見た感じですと瓦自体に劣化は見られないのですが、実際は欠けている瓦も多かったです。旧来の土葺き工法で築年数も経過しているため、瓦がずれている個所もありました。

そして屋根リフォームのビフォーアフターがこちらです。
【ビフォー】
【アフター】

まったく別のお家のようです!雨漏りの心配もなくなり、これからは安心してお過ごしいただけますね。
このように和型の瓦から洋型の瓦に替えることが可能です。屋根の葺き替えをご検討されている方へのご参考になれば嬉しいです♪

▶日本いぶしの施工事例一覧はこちら◀

--------------------------------------------------------------------------
地域最安値!施工実績10万件以上!!
岐阜・愛知の屋根のことなら日本いぶしの屋根リフォームにおまかせ下さい!
詳しい情報はホームページへどうぞ♪

この記事を書いたプロ

日本いぶし瓦株式会社 [ホームページ]

職人 野々村将任

岐阜県岐阜市石谷惣作1205番地の1 [地図]
TEL:0120-548-124

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「日本いぶし瓦株式会社」の4代目・野々村将任さん

豊富な実績と確かな技術力で屋根をリフォーム! 住まいを快適に(1/3)

 岐阜市北西部に位置する石谷地区は昔から瓦の製造に適した土が産出されていたようで、瓦職人も多く、その中の数人が集まり、共同で瓦の製造を始めたのが「日本いぶし瓦株式会社」のルーツとのこと。かつては瓦の製造・販売と屋根工事の両方を行っていました...

野々村将任プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

施工件数10万以上で岐阜での屋根工事実績№1という地域の信頼

会社名 : 日本いぶし瓦株式会社
住所 : 岐阜県岐阜市石谷惣作1205番地の1 [地図]
TEL : 0120-548-124

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-548-124

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

野々村将任(ののむらまさと)

日本いぶし瓦株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
2017年9月の日本いぶし安全パトロール
イメージ

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!安全パトロールは毎月実施しているのですが、投稿が久しぶりに...

[ 今日の日本いぶし ]

【施工事例】もう台風は怖くない!各務原市 雨樋交換工事
イメージ

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!台風18号が迫っている週末。3連休でお出かけを予定されている方...

[ 屋根工事事例 ]

【施工事例】各務原市 日本瓦の葺き替え工事
イメージ

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!9月に入って急に朝晩が涼しくなりましたね。皆さま体調は崩され...

[ 屋根工事事例 ]

瓦紹介 マルスギ(株)社製【イーグルマキシム】
イメージ

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!皆さん、夏バテしてませんかー!ゆる~く続く、屋根材のご紹介...

[ 屋根材のご紹介 ]

いよいよ台風シーズン到来!雨漏りは大丈夫?
イメージ

こんにちは。日本いぶしの屋根リフォームです!昨日上陸した台風5号。この辺りも暴風雨で、夜間雨戸を閉めてい...

[ 屋根のあれこれ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ