プロTOP:亀井和彦プロのご紹介

地産地消の建築で最大限のコスパを実現し、家族の幸せを形にする(1/3)

亀井和彦 かめいかずひこ

家族の幸せを生み出すための家づくり

 「ホームページだけでは伝えきれないことがあるのです」
東海環状自動車道「可児御嵩IC」からほど近い「御嵩建築」の社長亀井和彦さんは、開口一番こう切り出しました。そこには「家とは雨露をしのぐ箱ではなく、家族の幸せを生み出す場所である」という亀井さんの強い信念がありました。

 「『パナソニック』の創業者・松下幸之助氏は『住まいは人格形成の道場である』という言葉を遺しています。また古代中国の思想家である孟子は『居は気を移す』といい、住環境は人の心に大きな影響を及ぼすものだと述べています」と亀井さん。

 これらの言葉は亀井さんにとって哲学のようなもの。御嵩建築のスタッフを「幸せづくりの職人」と呼ぶ亀井さんは、プロの職人としての建築知識やノウハウをいかして、顧客が思い描く幸せを“家”というかたちにしたいと考えています。

 地元にこだわり続けるのも、その思いがあるからこそ。地元を知り尽くした家づくりの職人が地元で生まれ育った無垢の木を使い、地元で家を建てることで最高のコストパフォーマンスを実現。さらに名木東濃桧や防火・防水効果などに優れる漆喰、独特の風合いが魅力の和紙など自然素材を使うことで、体に優しく快適なすまいを生み出します。

 また、さまざまな家族間の問題が社会現象として現れるなか、亀井さんは家族の団らんの場所であるはずの家にも問題があるのではないかと考え、柱の見える家づくりにこだわります。特に大切にしているのは大黒柱。「柱には家を支える大切な役割がありますが、柱が見えないと人はその重要性に気づきません。うちでは上棟式の時、必ずおとうさんに大黒柱を立ててもらいます。大黒柱は家の象徴であり、おとうさんそのもの。家族がその姿を目に焼き付けることで、互いの絆が深まるのではないかと」

<次ページへ続く>

【次ページ】 商社マンの夢をあきらめ大工の道へ

亀井和彦プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

地元を知る建築のプロが地元の材を使いエコで快適な住宅を造る

会社名 : 株式会社 御嵩建築
住所 : 岐阜県岐阜県可児郡御嵩町顔戸800-1 [地図]
TEL : 0574-67-4787

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0574-67-4787

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

亀井和彦(かめいかずひこ)

株式会社 御嵩建築

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ