顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広

まぶちたかひろ

馬渕塗工

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-30  最終更新日: 2017-12-25

屋根の塗装について シーラー下塗り2回目 タスペーサー挿入

下塗りの続きになります。
弊社の基準になるまで下塗りをします。塗装工事を成功させるには下塗りが重要になります。
カラーベスト等で吸い込みがあるものは、下塗りで吸い込みが止まるまで塗ってその上に上塗りを塗装するのが重要なのです
では、下記の画像を見ていきましょう。

下塗り2回目
上記の画像は、下塗りの2回目も刷毛で隅をきちんとダメ込んでいるところです

下塗り2回目1
上記の画像は、刷毛でダメ込みをして広い面をローラーで塗っているところです
次の画像が大切な判断基準になります

下塗り2回目2
下塗りを2回塗り終わったところです。どうでしょう?前回のコラムの画像と比較して濡れ感が凄い分かりやすく出ています。
弊社の基準としては上記の画像になるまで下塗りをするのが標準とさせて頂いております。

タスペーサー
タスペーサーの設置の仕方の画像です。上記のように配置します。これはダブル工法と呼ばれ1枚の屋根材に対して2枚使うかためその様に呼んでいます。弊社はダブル工法しか採用しておりません。

タスペーサー1
最後まで差し込んだ画像になります。丸で囲っているところがタスペーサーの位置になります。

タスペーサーと下塗り2回目の写真の色が違う事に気付くと思います。今回は下塗り1回目の後にタスペーサーを設置して下塗り2回目を開始しているためです。
理由としまして、1回目は造膜型を使用して2回目を浸透型を使用しているため、1回目で縁切り作業をした方が作業しやすいためになります。下塗りの性能低下等は一切御座いませんのでご安心して頂ければと思っております。

次の工程は上塗りの開始

この記事を書いたプロ

馬渕塗工 [ホームページ]

職人 馬渕高広

岐阜県岐阜市下鵜飼1625-5 [地図]
TEL:058-337-0840

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「馬渕塗工」の馬渕高広さん

「君だから頼んだ!」と、顧客から常に信頼される職人でありたい(1/3)

 岐阜市郊外で塗装業を営む馬渕高広さんは、独立開業して約2年。顧客満足度ほぼ100%! という実績を挙げている実力派の若手職人です。 「お客さんに喜んでもらえるのが一番嬉しい」という馬渕さん。仕事の主体はリフォームに関する外壁や屋根の塗...

馬渕高広プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

代表自身が職人であり、打ち合わせから施工まで自社で行うこと

会社名 : 馬渕塗工
住所 : 岐阜県岐阜市下鵜飼1625-5 [地図]
TEL : 058-337-0840

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-337-0840

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無機塗料の取扱開始いたしました

毎日、ジメジメと梅雨らしい天気かと思いきや、うだる様な暑さで熱中症にはとにかく気をつけなければいけなくなり...

[ 塗料 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 完成 
イメージ

全体のウレタン通気緩衝工法の写真です。如何でしょう?最初の状態から見違えるように変わりまし...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 ウレタン流し込み2回目 トップコート塗装
イメージ

ウレタンを2回流し込み必要な厚さを確保しますトップコートを塗る前にウレタンを確認し補修を行います...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 器具取り付け ウレタン流し込み
イメージ

通気緩衝の必須作業の脱気筒を取り付け、目地テープを貼り付け、改修ドレンの取り付けを行いますここ...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 下地処理
イメージ

脆弱な部分を削り取ったので底面に不陸(デコボコ)になってしまっていますので、カチオンノロ引きと言う作業をし...

[ 防水 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ