顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広

まぶちたかひろ

馬渕塗工

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-09-15  最終更新日: 2017-12-25

屋根の塗装について シーラー 下塗り

次は屋根材への下塗りの工程の始まりです。
カラーベストの塗装を調べたりしていると、よく濡れ感がでるまで下塗りをすると言う言葉を目にすると思います。
でも、濡れ感って何?と思われる事が大半だと思います。このコラムでそれも説明出来ればと思っておりますので読み難い文章かもしれませんが最後まで読んで頂けると嬉しいです。

早速下記の画像を見てください
下塗り2
これは前回のコラムで使った画像なのですがカラーベストの部分が白くなっているのが分かります。

続いて下記の画像を見てください
屋根下塗り
棟板金との境が色が変わっていると思います。

屋根下塗り1
全体の色が変わりました。
下塗りの1回目が終わった所です。
弊社は刷毛とローラーをきちんと使い分けて作業しておりますので2枚目の写真の用に板金との境は色が濃くなっています。
これは、使い分ける事によりその部位だけ2回塗ったと同じ事がおきるためです。

上記の状態でも濡れ感がでているので大丈夫だと判断される場合がありますが、弊社ではNGです。もう1回塗ります。
長くなりそうですので、続きは次のコラムで書きます。

濡れ感とは、下塗りが乾いた後でも1番上の写真の用に色が白く戻らず、駐車場等が雨とかで濡れると色が変わると思うのですがその状態になっている事を濡れ感と言います。
なぜ濡れ感が大事かと言いますと、塗料とは顔料と樹脂が大半を占めています。
吸い込みが激しければ樹脂の成分等は吸いまれて顔料だけが表面に残る事になるため塗膜をきちんと形成出来ない為
どんな塗料を塗っても意味がありません
そのような事が無い様にシーラーを塗り表面までシーラーが吸い込まれると濡れ感がでてくるので、それから塗料を規定量塗る事が大事です。

次の工程はシーラー下塗り2回目

この記事を書いたプロ

馬渕塗工 [ホームページ]

職人 馬渕高広

岐阜県岐阜市下鵜飼1625-5 [地図]
TEL:058-337-0840

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「馬渕塗工」の馬渕高広さん

「君だから頼んだ!」と、顧客から常に信頼される職人でありたい(1/3)

 岐阜市郊外で塗装業を営む馬渕高広さんは、独立開業して約2年。顧客満足度ほぼ100%! という実績を挙げている実力派の若手職人です。 「お客さんに喜んでもらえるのが一番嬉しい」という馬渕さん。仕事の主体はリフォームに関する外壁や屋根の塗...

馬渕高広プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

代表自身が職人であり、打ち合わせから施工まで自社で行うこと

会社名 : 馬渕塗工
住所 : 岐阜県岐阜市下鵜飼1625-5 [地図]
TEL : 058-337-0840

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-337-0840

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
無機塗料の取扱開始いたしました

毎日、ジメジメと梅雨らしい天気かと思いきや、うだる様な暑さで熱中症にはとにかく気をつけなければいけなくなり...

[ 塗料 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 完成 
イメージ

全体のウレタン通気緩衝工法の写真です。如何でしょう?最初の状態から見違えるように変わりまし...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 ウレタン流し込み2回目 トップコート塗装
イメージ

ウレタンを2回流し込み必要な厚さを確保しますトップコートを塗る前にウレタンを確認し補修を行います...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 器具取り付け ウレタン流し込み
イメージ

通気緩衝の必須作業の脱気筒を取り付け、目地テープを貼り付け、改修ドレンの取り付けを行いますここ...

[ 防水 ]

防水工事 ウレタン 通気緩衝工法 下地処理
イメージ

脆弱な部分を削り取ったので底面に不陸(デコボコ)になってしまっていますので、カチオンノロ引きと言う作業をし...

[ 防水 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ