顧客本位の完全自社施工で信頼を高める建築塗装のプロ

馬渕高広

まぶちたかひろ

馬渕塗工

[ 岐阜市 ]

職種

プロTOP:馬渕高広プロのご紹介

「君だから頼んだ!」と、顧客から常に信頼される職人でありたい(1/3)

「馬渕塗工」の馬渕高広さん

責任感の強さと誠実な仕事ぶりが口コミで評判に

 岐阜市郊外で塗装業を営む馬渕高広さんは、独立開業して約2年。顧客満足度ほぼ100%! という実績を挙げている実力派の若手職人です。

 「お客さんに喜んでもらえるのが一番嬉しい」という馬渕さん。仕事の主体はリフォームに関する外壁や屋根の塗装と防水工事。人当たりも柔らかく、爽やかな笑顔でだれとでも気さくに話ができるところも魅力の一つなのでしょう。
しかし、いったん仕事を引き受けたら、どんな小さな事でも一切手を抜かず真剣勝負。自ら現場に出向いてつぶさに状況を確認し、顧客と綿密なすりあわせを行い、意思の疎通を図ります。仲介業者を介さずに顧客と直接やりとりするため、仲介手数料が発生しません、また顧客との間に「言った」「言わない」という食い違いが生じることが一切ないのも、喜ばれる大きな要素の一つになっています。

こうして互いに納得したうえで最後まで一貫して自社で仕上げ、プロの目から見て不要と思われることは絶対にしないという責任感の強さと誠実な仕事ぶりが口コミで評判を呼び、「時間がかかってもいいから君に頼みたい」と、予約待ちの状態が続いています。

 建築塗装には建物などの表面を塗料の被膜で覆うことによって保護し、美しく見せるという重要な役割があります。つまり、建物などがいかに美しく見えるかは塗装によって決まると言っても過言ではありません。ですから、塗装業者を「仕上げ屋さん」と呼ぶ人もいるとのこと。
塗膜は薄く、雨風や紫外線にさらされることで劣化するため、塗料の耐久性によって十数年に一度は塗り直しが必要になります。でないと劣化した部分から湿気や雨水が内部に侵入し、建物の構造までが侵されることになります。外壁を塗り直すことで建物は命を吹き返し、十数年は快適に過ごすことができます。
塗装は塗料が機能を十分に果たせるよう、事前に汚れやサビなどを除去して素地を平らにするなどの下地調整がたいへん重要で、見えない部分の下処理をいかに丁寧に行うか否かで耐久性と美観性に差が出ます。屋根や外壁の種類によっては塗装できるものとできないものがあり、用途によって塗料の種類や塗装の方法も異なるなど、塗装業には深い知識と高い技術力が求められています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 顧客第一主義を貫くために独立開業

最近投稿されたコラムを読む

馬渕高広プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

代表自身が職人であり、打ち合わせから施工まで一貫して行うこと

会社名 : 馬渕塗工
住所 : 岐阜県岐阜市下鵜飼1625-5 [地図]
TEL : 058-337-0840

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-337-0840

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬渕高広(まぶちたかひろ)

馬渕塗工

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
塗装を考える目安

初めての塗装を考える目安は、新築から10年前後と言われています。もちろん、必ず10年前後で悪くなるかと言うわ...

外壁・屋根塗装の必要性

壁の材料・屋根の材料を太陽の紫外線・風雨から守っているのが塗装です。塗装しないでおくとどうなるか・...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ