コラム

 公開日: 2017-11-10 

断熱材に発生する結露(内部結露)の原因と対策

結露は、快適な住宅づくりにとっては厄介な敵です。結露は、放置するとカビが発生する要因になってしまいます。小さな子どもや高齢者など、免疫力が弱い人にとって、アレルギーの元になるおそれもあります。

家のなかで発生した結露が壁のなかに侵入して発生する「内部結露」にも注意が必要です。

「内部結露」は、柱の腐食など、深刻な問題を引き起こしかねないからです。「内部結露」には、どのように対処するのがよいのでしょうか。

この記事では、「内部結露」への有効な対処方法について解説します。

内部と外部の温度差が結露を発生させる

住宅の大きな悩みの一つとして挙げられるのが結露でしょう。結露は、内部と外部の温度差が激しいときに発生しやすい現象です。窓ガラスなど、温度が低い場所で水蒸気を含む空気が冷やされることにより、水蒸気が水に変わります。

冷たいビールをグラスに注ぐと、グラスのまわりに水滴が付着します。これがいわゆる結露であり、部屋のなかでもこれと同じ現象が起きているのです。

家のなかでは、窓ガラスに結露が発生しやすいですが、ほかにも金属製のドアなど外気温の影響を受けやすい、温度が変わりやすい場所で結露が見られます。

また、暖房器具から離れている寒い部屋など、温度が低い場所でも結露が発生しやすくなっています。

例えば、北国では全部屋に暖房が行き渡らないことから、端の部屋で結露に悩まされているという声もよく聞きます。結露を放置すると、カビの発生を招くだけでなく、サッシ枠やフローリングなどの劣化が早くなってしまいます。

時宜に応じたメンテナンスが必要でしょう。部屋のなかに発生する結露も問題ですが、実はもっと深刻な問題結露があります。それが「内部結露」です。

「内部結露」は2つの大きな問題を引き起こす

「内部結露」とは、家のなかの水蒸気が壁のなかに侵入し、結露が発生することです。日本では、水蒸気を通しやすい木造づくりの家が多いため、しっかりとしたメンテナンスを行わないと「内部結露」に悩まされる場合があります。

家の壁のなかには、柱はもちろん、断熱材もあります。この柱や断熱材に結露が付着することで、さまざまな問題が発生します。

具体的に「内部結露」は、どのような問題を引き起こすのでしょうか。主な問題は2つあります。

ひとつは「腐食」です。木は水分を含んだままにしておくと、やがて腐食します。柱が腐食すると、住宅の強度が落ちるなど、深刻な問題に発展しかねません。

次に「健康」です。結露を放置しておくと、カビの発生のおそれがあります。カビの胞子によりアレルギーを招くこともあるため、注意が必要です。

特に、小さな子どもや高齢者などは体力や免疫力が心配ですので、住まいの環境には気をつけたいところです。

壁のなかの状況は、なかなか把握しにくいものですが、家のなかで結露が発生している場合は、特に注意したほうがよいでしょう。心配な場合は専門業者に検査を依頼するなど、早めの対処を心がけましょう。

自分の家に合った防湿方法を検討したい

深刻な問題を引き起こしかねない「内部結露」ですが、効果的な対策方法がいくつかありますので、紹介しましょう。

すぐに処置できて、価格も控えめなのが「壁紙をビニール製のものに替える」ことです。ビニールは、木と違い水分を通さないため、壁のなかに水蒸気が侵入しにくくなります。除湿器や除湿剤などを使用して、部屋の湿度を下げる努力も必要です。

「防湿シートの設置」も有効な方法のひとつです。断熱材と壁の間に防湿シートを設置することで、たとえ水蒸気が侵入しても、断熱材に水蒸気が届きにくくなります。断熱材を守るためにぜひ検討してほしい方法です。なお、防湿シートは、地面や天井裏などにも設置することができます。

近年、防湿シートはさまざまなものが販売されていますので、機能などを確認しながら使うとよいでしょう。必要以上に家の温度を上げ過ぎないことも大切です。寒いからと言って、家のなかを温めすぎると、窓ガラスなどとの温度差が大きくなり、結露を招く原因になります。

前述した2つの方法は対処療法的なものです。

「内部結露」の抜本的な解決を図るうえで、有効な方法が「外部断熱」です。外部断熱とは、家全体を断熱材で包む方法のことです。こうすることによって、外からの温度変化の影響を受けにくくするわけです。

「外部断熱」は、「結露の発生を抑える」「外部の騒音の低減」「光熱費の低減」など、さまざまなメリットがあるものの、施工費がほかの方法より割高であるというデメリットがあります。

また、「外部断熱」が自分の家に適しているかどうかという根本的な問題もあります。結露の発生を完全に防ぐことは難しいですが、専門家と相談しながら自分の家に応じた対処方法を考えていきましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社水専 [ホームページ]

工務店 木村信広

岐阜県岐阜市太郎丸中島183-3 [地図]
TEL:0120-05-3210

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
水回りや断熱について豊富な知識を生かしたリフォームのプロ 	木村信広さん

「光冷暖」と豊富な知識で快適なリフォームを(1/3)

 岐阜市の北部にある有限会社水専(みずせん)。大規模なリフォームや水回りの緊急修理などを手掛け、地元の人たちからも「家のことで困ったことがあれば水専さん」と言われるような存在です。 そんな水専で代表取締役を務めるのが木村信広さん。「正し...

木村信広プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

リフォーム後も安心して住み続けられるメンテナンス体制

会社名 : 有限会社水専
住所 : 岐阜県岐阜市太郎丸中島183-3 [地図]
TEL : 0120-05-3210

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-05-3210

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村信広(きむらのぶひろ)

有限会社水専

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
天井断熱と屋根断熱の違いとそれぞれの特長

快適な家づくりには、屋根の断熱も不可欠です。屋根の断熱方法は「天井断熱」と「屋根断熱」に大別されます。...

[ 住宅の断熱 ]

高断熱・高気密住宅なのに夏にとても暑い原因は日射

高断熱・高気密であることは、「夏涼しく冬暖かい家づくり」にとって欠かせない条件です。ところが、高断熱・...

[ 住宅の断熱 ]

高気密・高断熱住宅とは?効果を最大化させるには

「高気密」「高断熱」の住宅には、「省エネルギー」「健康に良い」「結露を防止する」「防音効果」など、さまざま...

[ 住宅の断熱 ]

開口部の断熱の重要性と断熱方法の種類

部屋の熱の多くは「開口部」から、流入または流出しています。その割合がほかの箇所よりも高いため、家の断熱を考...

[ 住宅の断熱 ]

断熱材の種類はいろいろある。とそれぞれの特長

断熱材は「繊維系」と「発泡プラスチック系」の2種類に大別されます。断熱効果が高まると、室内の気温変化が小さ...

[ 住宅の断熱 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ