サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也

ふるたまさや

フルタ自動車鈑金

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-01-02 

いよいよ次世代カー電気自動車・電費の幕開け

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
岐阜市の自動車修理専門工場 フルタ自動車鈑金(古田板金)古田昌也 です。

エコカーとして日本の誇りをもち、技術の先進として世に出てきたプリウス。エコカー減税を始めさまざまな特典を受けられる電気自動車やハイブリッドですが、その生産から廃棄まで全部を通したスパンで考えてみると、本当にエコなのかという議論が絶えないのが現状です。
エコの定義をどこに置くかは難しいですが、一応のところ温暖化ガスの排出量を主な基準とし、世界中の自動車メーカーがエコカーを作らなくてはならない現状は、主に「気候変動枠組条約第3回締約国会議」1997年日本の京都で定められた京都議定書から始まっています。これをCOP3(コップスリー)と呼びます。

日本を代表する電気自動車

日本を代表する電気自動車(EV)であるニッサン・リーフ。アメリカのテスラモーターズのテスラと比べてバッテリー容量は小さいですが、街乗り用として考えれば重いバッテリーを不必要に積まないことは意味のある考え方ですし、容量が小さければ充電時間も短く価格も安いです。それが大容量の全否定を必ずしも意味しないバランスポイントなのです。

特に電気自動車(EV)は、走行時にはゼロエミッション(自然界をこれ以上破壊しない)ですが、その電気はどこでどうやってつくられているかが問題になりますよね。太陽光や風力、水力でつくられた電気なら言葉通りゼロエミッションですが、これらの再生可能電力が安定電源になりにくいですし、そして原発停止中の日本では電力は主に火力発電でつくられています。火力発電でつくった電気を充電してゼロエミッションと言われても欺瞞の構図に見えてしまいますよね。

スマートグリッド 

EVはいわゆるスマートグリッド構想のピースの一つです。経産省はスマートグリッドを「家庭やビル、交通システムをITネットワークでつなげ、地域でエネルギーを有効活用する次世代の社会システム」だと定義し、そのメリットを「自然を利用した発電は天候によって発電量が変化します。一方、電力の消費量も、刻々と変わります。スマートコミュニティでは変化する電力の需要と供給をITによってコントロールし、無駄なく安定した電力の活用を可能にしていきます」時代に変わるのです。つまり電力網のITネットワーク化によって自律分散制御化しようという考え方です。このシステムの中で、各家庭の電力貯蔵庫として注目を集めたのが大容量バッテリーを搭載するEVです。

日本の一般家庭の1か月あたり電力消費量は約300kWh(電気事業連合会調べ)なので、一日あたり大体10kWh。ニッサン・リーフのバッテリー容量は24kWhなので、計算上2日半分。テスラの85kWhモデルなら8日半の容量となる。もちろんバッテリーのエネルギー変換効率は100%ではないから全部は使えません。使い方にもよるが一般的には80%程度だと言われています。EVを家庭の電力線につないで充電し、必要とする時にこのバッテリーから電力を取り出せれば、経産省の言う様に「無駄なく安定した電力」の利用が可能になります。

例えば、太陽光発電が普及しても、各家庭に電力貯蔵庫があれば太陽が隠れた途端にその地域で一斉に電力需要が増えると言ったことが起こりにくくなります。数日内に天候が回復すれば、その間はEVのバッテリー給電で過程の電力を賄える。あるいは原発が稼働していれば、夜間の余剰電力を貯めて、日中の電力消費ピーク時に使うことでシステム全体の負荷を減らすことができる。送電網全体の融通性が上がるのは間違いないと思います。

今や、ガソリンスタンドは閉鎖の一方です。しかし電気スタンドが需要を加速しています。例であげますと家具・インテリアのニトリ、こちらの一角の駐車場には多くの電気スタンドがもうけられています。しかし利用方法を間違ってプリウスが駐車していました。この駐車スペースは電気自動車専用です。また、ローソンやファミレス、大きな商業施設にも続々と設置されて来ます。この様に至るところに充電スタンドが設けられれば賢く、無駄なく充電ができますよね。これからは電費の時代です。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

フルタ自動車鈑金 [ホームページ]

整備士 古田昌也

岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL:058-246-1551

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

我々、自動車車体整備業は常に新技術に伴い研究開発をしています。青年部会は各事業所の次世代のリーダーが結束した志の高い仲間たちです。今回は、マツダのソウ...

ホームページはこちら

ホームページにはフルタ自動車鈑金(古田板金)の事が詳しく記載してあります。http://www.furuban1551.com/

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
古田昌也 ふるたまさや

お客様が納得できるサービスやケアを、高い対応力で実現していく(1/3)

 岐阜のデトロイトと呼ばれるエリアにて、鈑金塗装修理工場のエンジニアとして働く古田昌也氏。これまで身に付けてきた技術と、お客様満足度を意識した高い対応力により、お客様から厚い支持を受けています。「鈑金塗装修理と聞くと、職人気質なイメージもあ...

古田昌也プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

おもてなし精神でお客様の車をケアする整備士

会社名 : フルタ自動車鈑金
住所 : 岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL : 058-246-1551

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

一つ一つ丁寧な説明のおかげで 安心して修理をお願いする事...

匿名
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自動車の事故修理ディーラーと修理専門工場との違い 「ぎふチャン」
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車の傷やドアのへこみ修理 [ぎふチャン]
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車板金修理専門工場青いカンバンが特徴な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より、暖かいお言葉を頂戴しました。心より感謝申し...

[ お客様の声 ]

自動車のドア・キズ・ヘコミ保険修理代
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 古田板金 古田昌也で...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より嬉しいお葉書を頂戴しました。お客様の幸せそう...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ