サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也

ふるたまさや

フルタ自動車鈑金

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-12-20 

本当は、クルマにもエアコンフィルターがあるんです。

こんにちは 岐阜市のフルタ自動車鈑金
(古田板金) 古田昌也 です。


車内に綺麗な空気を送るためのエアコンフィルター。そんなエアコンフィルターは、汚れが酷くなると、エアコンの風が弱くなったり、臭くなったりしてしまいます。しかしエアコンフィルターについては、知識がない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、車のエアコンフィルターの交換時期や、交換方法についてご紹介していきたいと思います。


おおよそのエアコンフィルターの交換時期の目安について、いくつかご紹介していきます。基本的にディーラーの推奨では1年に1度、又は距離数で言うと、12000kmに1度、エアコンフィルターを交換すべきとされています。もちろん1年に数回しか車を乗らない方は、必然的にエアコンフィルターの汚れも少ないでしょうし、距離が12000km走行した状態だとしても、埃の多い場所を走る方とレース場のような綺麗な場所を走る車とでは、格段の差が出てしまいますので、一概には言えません。

車のエアコンフィルターを交換する時期は?

梅雨に入る前に交換するのもいいかもしれません。というのも、冬の間はエアコンを使用する頻度が低いために、いざ暖かい季節になってエアコンのスイッチをオンにしてみると、なんだか臭いにおいがしてくる、という経験はほとんどの方が経験されるからです。臭いの原因いろいろありますが、その一つとして、エアコンフィルターに、カビや雑菌などが付着していることが、臭いの原因の一つとして挙げられます。そこで梅雨に入る前に交換することによって、そのにおいの原因の一つを減らしてしまうわけです。そうすれば、いざエアコンの活躍する時期には、快適に過ごすことができますので、交換時期の目安としておすすめします。

車のエアコンフィルターを交換する時に必要な道具は?

車のエアコンフィルターの交換は、メーカー推奨が1年に1度などとされているような部品で、エアコンフィルターの交換を経験済みの方は、ご存知だとは思いますが、初めて自分で行うという方は、こちらを参考にしていただければと思います。

まず、助手席の前に,グローブボックスという小物入れ(車検証などを入れるところ)がありますよね。軽自動車などは、蓋がないタイプのものもあります。そこで、グローブボックスごと外すタイプから、説明します。ほとんどの車がこの方法で行うと想定しての説明になりますが、最初にグローブボックスの蓋を外します。蝶番を使われていたり、樹脂製の部品で蝶番の役目を果たしているものもあります。このときに、両端又は左右のどちらかにダンパーステーという、下がり過ぎを防止する部品があり、蝶番を外す前にこのステーを外す必要があります。


車のエアコンフィルターを交換する手順


車のグローボックスが外れれば、正面に写真の様な蓋が現れます。まずはこのエアコンフィルターの蓋を外します。この部品は両端の爪で固定されているだけなので、蓋自体の両端、又は受けの部分の両端を開くようにして外します。

蓋を外すと上記のエアコンフィルターが見えますので、これを抜き取ります。ホンダのライフなどは真ん中に邪魔な部品がありますが、この場合は分割式のフィルターを使用する必要がありますのでご注意を。さて、ここからエアコンフィルターの交換となるわけですが、方法は至って簡単で、古いものを抜いて新しいものに差し替えるだけなんです。ただし、どちらの面を上にするという風に、方向が決まっていますので、エアコンフィルターの交換をするときは、よく向きを確認することが大事です。そして外した蓋をもとに戻せば完了になりますが、この時にエバポレーターの清掃を行ってもいいかも知れませんね。
%画像1458%%

車のエアコンフィルターを交換し復元

エアコンフィルターを交換した後は、グローブボックスを組み付けましょう。この作業は簡単な作業で、外してきた順番に取り付けていくのみです。ただし、太さが同じようなビスやボルトですが、使われている位置によって、長さが違いますので外した場所を覚えておく必要がありますので、外す前にチェックしておくのもいいですよね。これまで、エアコンフィルターを交換する時期や、交換方法をご紹介してきました。エアコンフィルターの交換は、意外と簡単で、知識がない方でも行えるメンテナンスです。今年はエアコンフィルターを交換し、快適な車内空間を作ってみてくださいね。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

フルタ自動車鈑金 [ホームページ]

整備士 古田昌也

岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL:058-246-1551

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

我々、自動車車体整備業は常に新技術に伴い研究開発をしています。青年部会は各事業所の次世代のリーダーが結束した志の高い仲間たちです。今回は、マツダのソウ...

ホームページはこちら

ホームページにはフルタ自動車鈑金(古田板金)の事が詳しく記載してあります。http://www.furuban1551.com/

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
古田昌也 ふるたまさや

お客様が納得できるサービスやケアを、高い対応力で実現していく(1/3)

 岐阜のデトロイトと呼ばれるエリアにて、鈑金塗装修理工場のエンジニアとして働く古田昌也氏。これまで身に付けてきた技術と、お客様満足度を意識した高い対応力により、お客様から厚い支持を受けています。「鈑金塗装修理と聞くと、職人気質なイメージもあ...

古田昌也プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

おもてなし精神でお客様の車をケアする整備士

会社名 : フルタ自動車鈑金
住所 : 岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL : 058-246-1551

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

一つ一つ丁寧な説明のおかげで 安心して修理をお願いする事...

匿名
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自動車の事故修理ディーラーと修理専門工場との違い 「ぎふチャン」
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車の傷やドアのへこみ修理 [ぎふチャン]
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車板金修理専門工場青いカンバンが特徴な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より、暖かいお言葉を頂戴しました。心より感謝申し...

[ お客様の声 ]

自動車のドア・キズ・ヘコミ保険修理代
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 古田板金 古田昌也で...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より嬉しいお葉書を頂戴しました。お客様の幸せそう...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ