サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也

ふるたまさや

フルタ自動車鈑金

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-11-13  最終更新日: 2015-11-14

自動車修理工場の正しい選び方

こんにちは 岐阜市のフルタ自動車鈑金
(古田板金) 古田昌也 です。

会社の規模・設備にだまされてはいけません。工具や設備を売りにしている工場がよくありますが、板金塗装は作業者の技術力が仕上がりを大きく左右します。最新の大型の機械があれば安心、というわけでもありません。
特に最近は、修理工賃を抑えて仕事を獲得する傾向(特にディーラやガソリンスタンド)があるため、目に見えて手抜きをする工場があります。

病院で例えると、ディーラーが設備も人材も整った「大学病院」であれば、民間の整備工場は「街のお医者さん」というような存在です。しかし街のお医者さんでも、とても信頼ができて能力の高いお医者さんもいれば、この人ヤブ医者じゃないの?というような、レベルの低いお医者さんもいます。

民間の整備工場も同様で、ディーラー以上に信頼性の高いすばらしい整備と人材を誇るところもあります。特に民間の整備工場は、良い整備工場か悪い整備工場なのか判断が非常に難しいという特徴があります。

では、良い整備工場かどうか見極めるポイントは以下です。
・お客様のご希望を第一に修理内容を考えてくれる簡易補修なのか、ガッツリ修理なのかによって修理金額が変わります。
予算に応じた修理にもある程度対応しなければいけません。

・国家資格の整備士が在席しているか。在席していれば認証工場の看板が設置してあるかを確認してみましょう。



・お客様に対応している責任者が、実際に現場で作業している。お客様のご要望を修理結果に間違いなく反映できます。

・混み合っている、賑わっている入庫車が多いのは、信頼の証です。少し待ってもそこで修理する価値があります。
逆に空いている工場はどこかしら問題が?

・輸入車・国産車など、どんな車のどんな修理にも対応できる技術力・応用力の証です。



・室内清掃・洗車等、事故修理とは関係ないところもきちんと仕上げをします。

自動車整備士の仕事内容は、自動車のメンテナンスや修理を行う。
自動車整備士は、不具合箇所を抱えた自動車の診断や修理、また定期的なメンテナンスや調整、分解や組立などを専門的に行う技術を持った人のことをいいます。仕事には自動車整備士の国家資格が必要となり、この資格は3級や2級などの等級別に分かれているほか、扱う車種別にもガソリン、ディーゼル、シャシ(車体)、二輪といったように分かれています。

多くの整備士はカーディーラーや自動車整備工場に勤めていますが、近年では修理を引き受けるガソリンスタンドや車検を専門とする工場、塗装修理を行うペイントショップなども登場し、整備士の活躍の場は拡大しています。

仕事内容
自動車整備士の仕事は、大きく分けて「点検整備」「緊急整備」「分解整備」の3つがあります。

<点検整備>
目に見えたトラブルはなくても、自動車は走行距離や経年で少しずつ部品などが劣化していきます。
そのため定期的に点検を行って、消耗した部品の交換やチェックを行うことが求められており、いわゆる「車検」がこれに当たります。事故を未然に防ぐためには欠かせない整備です。ベルト類やブレーキの摩耗、オイルの状態など、検査項目は多岐にわたります。

<緊急整備>
運転中に突然エンジンがかからなくなってしまった、衝突事故に遭って車体が破損してしまったなど、急を要する事故や故障による整備・修理を行うことをいいます。エンジンや電気系統などを点検し、修理箇所を特定します。部品の交換や分解などを行い、車が安全に走れるように修理をします。整備工場で修理をします。衝突事故は予期せぬアクシデントであることがほとんどですが、その他のトラブルに関しては、点検整備を行うことで防げるといわれています。

<分解整備>
「オーバーホール」ともいわれる作業です。エンジンやミッションなど、自動車の中でも特に重要で機械的な部品を分解し、故障した部分を見つけて整備します。きわめて高度な技術を要するため、分解整備を行えるのは、国から認可を受けた「認証工場」や「指定工場」のみとなっています。

直すだけが仕事ではない
自動車整備士は、身につけた専門技術を使って的確に自動車を修理していきますが、持ち主であるお客さまにわかりやすく不具合箇所や状況を説明したり、トラブルを起こさないためにアドバイスを行ったりすることも大事な仕事です。

また、ときには依頼者の要望により車にカーナビなどのオプションを設置したり、装飾を行うこともあります。常にお客さまの立場にたち、サービス精神を忘れずに働くことが求められます。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

フルタ自動車鈑金 [ホームページ]

整備士 古田昌也

岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL:058-246-1551

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

我々、自動車車体整備業は常に新技術に伴い研究開発をしています。青年部会は各事業所の次世代のリーダーが結束した志の高い仲間たちです。今回は、マツダのソウ...

ホームページはこちら

ホームページにはフルタ自動車鈑金(古田板金)の事が詳しく記載してあります。http://www.furuban1551.com/

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
古田昌也 ふるたまさや

お客様が納得できるサービスやケアを、高い対応力で実現していく(1/3)

 岐阜のデトロイトと呼ばれるエリアにて、鈑金塗装修理工場のエンジニアとして働く古田昌也氏。これまで身に付けてきた技術と、お客様満足度を意識した高い対応力により、お客様から厚い支持を受けています。「鈑金塗装修理と聞くと、職人気質なイメージもあ...

古田昌也プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

おもてなし精神でお客様の車をケアする整備士

会社名 : フルタ自動車鈑金
住所 : 岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL : 058-246-1551

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

一つ一つ丁寧な説明のおかげで 安心して修理をお願いする事...

匿名
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自動車の事故修理ディーラーと修理専門工場との違い 「ぎふチャン」
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車の傷やドアのへこみ修理 [ぎふチャン]
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車板金修理専門工場青いカンバンが特徴な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より、暖かいお言葉を頂戴しました。心より感謝申し...

[ お客様の声 ]

自動車のドア・キズ・ヘコミ保険修理代
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 古田板金 古田昌也で...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より嬉しいお葉書を頂戴しました。お客様の幸せそう...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ