サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也

ふるたまさや

フルタ自動車鈑金

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-02-24  最終更新日: 2016-06-12

自動車の板金ってどうやってやるの?

こんにちは 岐阜の自動車鈑金修理専門工場
青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也 です。


鈑金塗装とは、車の車体(ボディ)の凹みやキズを修理したり、ボディカラーの塗装をしたりするお仕事です。
お客様の大事な財産を預かり復元するという大事な仕事です。ただ直すという訳ではなく、お客様へ修理後も長く愛車を乗り続けてもらいたいという想いでやるのが本当の鈑金塗装です。

鈑金作業は?

自動車板金といえば車のフェンダーやドアなどがなんらかの原因で凹んだりしたときにカンカンと音をたてて修理して元通
りに復元するというのが一般的なイメージではないでしょうか。実は板金と言われる仕事は範囲が広く、応用次第ではいくつかの仕事に分けることができます。

■事故車の復元・・・小さいダメージの修理から大きい
             ダメージの修理まで、壊れてしまった
             車を元の状態に復元します。

■車の用途変更・・・ベースとなる車を使ってキャンピング・カー
             やリムジンなどを製作します。

■古い車の再生・・・レストアと言われ、古くなって錆などに
            よって痛んだボディーを綺麗に修復して
            新車のような状態に回復させます。

このように、作業自体は板金の技術が必要な仕事ですが、その中でも専門分野に分かれていることがあります。ですが、ここでは主に事故等の影響によるボディー表面の小ダメージ復元を中心にある程度説明して行 きたいと思います。
そもそも板金技術と言うものは車の歴史を追うのと同時に色々発達しているものと思われるかもしれませんが、実は未だに板金技術は手作業によるものが殆どであると言えます。

車は時代とともに進化して、数十年前の車と比べると使用されている鉄板(鋼板とも言う)の厚さや強さは時代のニーズに応じて薄く強く変化してきましたが、それらの修理は依然、人の手によって行われています。基本的に凹みなどは叩いたり引っ張ったりして修正していきます。このとき主に使われるのが板金用の「ハンマー」と「当て盤」と呼ばれる道具です。

この他にも道具は使われますが、まずはこの二つは基本道具となります。作業を簡単に説明すると、状態にもよりますがまずは原形より出ていると思える部分はハンマーで叩いて、逆に凹んでいると思われる部分は当て盤などを使って内側から押し出すか、当て盤が使えないときは外側から引き作業ができる道具を使って外側から引っ張り出します。まずはこの作業が
板金の基本的な作業となります。

この作業でいかに元の形に近づけるかが職人技となります。職人さんの修理を見ていると、なんだか自分にもできそうなくらい簡単に見えます。と、言われますが、初めて経験すると自分が叩きたいところの肝心な部分は叩けず、形が異様な形に変形して最悪の場合は鉄板が潰されて余計に酷くなってしまいます。しかし、職人さんも最初から職人さんではないので、やり始めたときは殆どの方がこのような経験を通り越して一人前になって行ったので、上手くなるためにはやはり長時間に渡る訓練で少しずつ体に感覚を染み込ませていくことが必要と言えます。

また、この仕事で一人前になるには数年ほど掛かりますが、苦労して完成させて満足いく仕事が出来たときには最高の喜びもそこにはあります。もう一つの喜びとしてはやはり最終目標であるお客様に喜んでもらえる、これがまた更に技術を向上させようとする意欲へと変わっていきます。このように板金作業は表立って人様の目に触れることが少なく、作業も地道な作業ですが、修理できないだろうと思われたものが再び息を吹き返す瞬間が味わえるのもこの仕事の醍醐味と言えます。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

フルタ自動車鈑金 [ホームページ]

整備士 古田昌也

岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL:058-246-1551

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

我々、自動車車体整備業は常に新技術に伴い研究開発をしています。青年部会は各事業所の次世代のリーダーが結束した志の高い仲間たちです。今回は、マツダのソウ...

ホームページはこちら

ホームページにはフルタ自動車鈑金(古田板金)の事が詳しく記載してあります。http://www.furuban1551.com/

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
古田昌也 ふるたまさや

お客様が納得できるサービスやケアを、高い対応力で実現していく(1/3)

 岐阜のデトロイトと呼ばれるエリアにて、鈑金塗装修理工場のエンジニアとして働く古田昌也氏。これまで身に付けてきた技術と、お客様満足度を意識した高い対応力により、お客様から厚い支持を受けています。「鈑金塗装修理と聞くと、職人気質なイメージもあ...

古田昌也プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

おもてなし精神でお客様の車をケアする整備士

会社名 : フルタ自動車鈑金
住所 : 岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL : 058-246-1551

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

一つ一つ丁寧な説明のおかげで 安心して修理をお願いする事...

匿名
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自動車の事故修理ディーラーと修理専門工場との違い 「ぎふチャン」
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車の傷やドアのへこみ修理 [ぎふチャン]
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車板金修理専門工場青いカンバンが特徴な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より、暖かいお言葉を頂戴しました。心より感謝申し...

[ お客様の声 ]

自動車のドア・キズ・ヘコミ保険修理代
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 古田板金 古田昌也で...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より嬉しいお葉書を頂戴しました。お客様の幸せそう...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ