サービス業の視点と職人技術を兼ね備える鈑金塗装修理のプロ

古田昌也

ふるたまさや

フルタ自動車鈑金

[ 岐阜市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-02-22  最終更新日: 2016-05-25

新型BMW7シリーズのナビゲーションはスゴイ!

こんにちは 岐阜の自動車鈑金修理専門工場
青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也 です。

輸入車を購入する際、気になることの一つが「純正ナビの使い勝手」。BMWでは標準装備で埋込型ナビゲーションを採用しているため、社外ナビの取付は難しい状況です。このため、ナビが便利なのかどうか、はたまた「どんなことができるのか?」については、興味津々という方も多いのではないでしょうか。そこでBMWの「iDriveナビゲーションシステム」について徹底的に解説していきます。

「iDrive」とは?

まずはiDriveの歴史について簡単にご紹介しましょう。iDriveが初めて登場したのは1999年。世の中ではまだまだITが普及しているとは言えない時代から、すでに採用していたんですね。このあたりBMWが「新しいもの好き」と言われる所以なのでしょう。iDriveが最初に搭載されたのは、当時コンセプトモデルとして登場した「BMW Z9」。市販モデルでは2001年に登場した「7シリーズ」が最初で、当初はWindows CEベースで開発されていました。

iDriveは日本メーカーなどが好んで採用していた「タッチパネル方式」ではなく、センターコンソールに設置した「ダイヤルコントロール」を採用しました。運転中に画面に目線がいってしまうタッチパネルよりも、最小限の目線移動で済むダイヤルコントロールの方が優れている…というのがダイヤルを選択した理由のようですね。ただ…これが大不評! 多くのBMWオーナーはiDriveを選択せず、社外ナビを取り付けて乗っていました。

改良に次ぐ改良

その後、BMWはiDriveを必死に改良。ダイヤルだけだったものにショートカットボタンを付けてアクセスをよくしたり、音声検索をつけたり、最近では指による文字入力にも対応しました。特に文字入力は便利で、例えばダイヤルでは「新宿」と打つだけでもかなりの手間でしたが、現在は指で「新宿」と書けば完了するようになっています。また年を経るごとにCPU能力を向上させたおかげで、動作はサクサク。しかも最近は、通信回線に接続してネットの情報にアクセスできるようにもなりました。

これらの地道な改善により、現在のiDriveは国産社外ナビと比べても、ほとんど遜色ないレベルに仕上がっています。国産車などから、初めてBMWオーナーになった方でもほぼ違和感なく使用できるでしょう。

ただし音声入力は、いまだに微妙…。iPhone「Siri」やアンドロイドなどの音声システムに慣れた方なら、使い勝手の悪さに少し辟易とするかもしれません。実はiDriveの音声検索は「コマンド方式」。あらかじめ決められたコマンドで話しかけないと認識してくれません。例えばナビゲーションメニューを呼び出したい時は「ナビ」ではなく「ナビゲーション」と発声する必要があります。つまり、コマンドを覚えてないと使いものにならないということ。これは不便ですよね。まぁこのあたりは今後、Appleが用意する「Carplay」などに対応していくでしょうから、現在は過渡的なものと思っていていいのかもしれません。

新型7シリーズに搭載された新しいiDrive

2015年デビューの新型7シリーズでは、iDriveも大きくパワーアップしていますよ。大きなポイントは3つ。1つが「ジェスチャー機能」。こちらはナビの前でジェスチャーを行うとナビを操作できるというもの(指をグルグル回すジェスチャーで音量調整など)。ジェスチャーなら視線を前に向けたままでOKですから、かなり安全性が高いですよね。次に2つ目。「タッチパネル」対応。我々日本人にとっては「やっとか…」と思った方も多いかもしれません。説明不要の便利さですよね。

最後にオートパーキング機能です。現行でも縦列駐車をサポートするシステムはありますが、新型7シリーズでは “車を降りて” キーのボタンを押すだけで駐車(縦列だけではなく、通常の駐車も)してくれますよ。これらはまだ7シリーズのみの搭載ですが、今後他のシリーズでも使えるようになるのは間違いないでしょう。期待して待ちたいですね。

車両の中央コントロールセンター

iDriveにはナビゲーションだけではなく、ラジオやオーディオ管理、車両情報のモニタリングなど…さまざまな機能が備わっています。そういう意味ではナビというより、BMWの各機能の中央コントロールセンターと言えます。なおこれら機能は、モデルによってはオプション装備となっている場合があります。またそれぞれの価格もモデルによって異なる場合がありますので、詳細はBMW各販売店にお尋ねください。

=== 安心・信頼の「くるまの総合病院」 ===

フルタ自動車鈑金
古田 昌也
〒500-8135 岐阜市織田塚町1-12
TEL:058-246-1551
ホームページアドレス
http://www.furuban1551.com/

= くるまをいつまでもキレイにながく経済的に! =

この記事を書いたプロ

フルタ自動車鈑金 [ホームページ]

整備士 古田昌也

岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL:058-246-1551

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

我々、自動車車体整備業は常に新技術に伴い研究開発をしています。青年部会は各事業所の次世代のリーダーが結束した志の高い仲間たちです。今回は、マツダのソウ...

ホームページはこちら

ホームページにはフルタ自動車鈑金(古田板金)の事が詳しく記載してあります。http://www.furuban1551.com/

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
古田昌也 ふるたまさや

お客様が納得できるサービスやケアを、高い対応力で実現していく(1/3)

 岐阜のデトロイトと呼ばれるエリアにて、鈑金塗装修理工場のエンジニアとして働く古田昌也氏。これまで身に付けてきた技術と、お客様満足度を意識した高い対応力により、お客様から厚い支持を受けています。「鈑金塗装修理と聞くと、職人気質なイメージもあ...

古田昌也プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

おもてなし精神でお客様の車をケアする整備士

会社名 : フルタ自動車鈑金
住所 : 岐阜県岐阜市織田塚町1-12-1 [地図]
TEL : 058-246-1551

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-1551

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古田昌也(ふるたまさや)

フルタ自動車鈑金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

お客様の声

一つ一つ丁寧な説明のおかげで 安心して修理をお願いする事...

匿名
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自動車の事故修理ディーラーと修理専門工場との違い 「ぎふチャン」
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車の傷やドアのへこみ修理 [ぎふチャン]
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車板金修理専門工場青いカンバンが特徴な フルタ自動車鈑金 (古田板金) 古田昌也...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より、暖かいお言葉を頂戴しました。心より感謝申し...

[ お客様の声 ]

自動車のドア・キズ・ヘコミ保険修理代
イメージ

こんにちは 岐阜市の自動車鈑金修理専門工場青いカンバンが特徴的な フルタ自動車鈑金 古田板金 古田昌也で...

[ くるまのキズへこみコラムはじめました。 ]

自動車のキズ修理 ヘコミ修理 お客様の声
イメージ

こんにちは 岐阜市の古田鈑金 古田昌也です。お客様より嬉しいお葉書を頂戴しました。お客様の幸せそう...

[ お客様の声 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ