コラム

 公開日: 2018-05-29 

もし病気やケガで働けない状態になったら

こんにちは、スタッフの中前です。
唐突ですが、日々元気に過ごせていれば今までどおりの生活を維持できますが、もし病気やケガで働けない状態になったらご自身やご家族の生活はどうなるのか考えてみたことはありますか?

働けない状態でも毎日の生活費は今までどおり必要です。
食費、水道・高熱費、住宅ローン・家賃、教育費などの生活に必要な支払いは続きます。
さらに治療費が必要になる場合もあります。働けない状態が続き収入が減少するなかで生活費や治療費を支払っていかなければいけないことは、ご自身やご家族にとっても大きな負担となってしまいます。

働けない状態になったときに使える制度として傷病手当金や障害年金があります。傷病手当金は健康保険の加入者が病気やケガで働くことができない状態になったとき、給与の約3分の2の額を最長1年6か月受け取ることができる制度です。会社員・公務員等は支給されますが、国民健康保険に加入している自営業の方などは支給されません。障害年金は病気やケガによって生活や仕事が制限されるようになったときに受け取ることができる年金制度ですが、障害の程度によって受取年金額が異なります。

働くことができなくなった場合、傷病手当金や傷害年金などの制度があるもののそれで負担のすべてをカバーできるわけではありません。なので病気やケガで働けなくなったときの収入の減少に保険で備えることをおすすめします。
詳しくはお気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社保険パートナー [ホームページ]

保険コンサルタント 齋藤健太郎

岐阜県可児市広見五丁目86番地 アントレG306 [地図]
TEL:0574-49-8725

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
求人情報

おかげさまで着実に業績が積み重なっており、バックオフィスの人員も充実して参りました。もう一段、上のステージに進むため、営業候補者を募集致します。「保険...

 
このプロの紹介記事
齋藤健太郎 さいとうけんたろう

地元・可児に根付く!お客様の安心を守る、保険のパートナー(1/3)

 「保険は難しそうな印象がありますよね。商品が多くあって何を選んでいいのか分からないという声もあるでしょうし、法律や制度など社会の状況によって変わっていくため、理解しづらい点もあるでしょう。私はみなさんに保険をもっと身近に感じてもらえるよう...

齋藤健太郎プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

可児出身の保険のプロが「暮らしの安心」をトータルにカバー

会社名 : 株式会社保険パートナー
住所 : 岐阜県可児市広見五丁目86番地 アントレG306 [地図]
TEL : 0574-49-8725

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0574-49-8725

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤健太郎(さいとうけんたろう)

株式会社保険パートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
高額療養費制度

こんにちは、スタッフの中前です。入院や手術をして高額な医療費がかかったときに利用できる高額療養費制度が...

[ 情報発信 ]

ゴールド免許になると

こんにちは。自動車保険の更新時期になると保険料はもっと安くならないのかな?補償内容は大丈夫なのかな?と...

[ 情報発信 ]

信号の色

こんにちは。スタッフの栗田です。最近、3歳の娘が色に興味を持ち始め、色の名前を聞いてくるようになったので...

[ 情報発信 ]

30代から気をつけたい女性特有の病気

こんにちは。スタッフの伊藤です。年齢が30代に突入すると、女性特有の病気の話を聞く機会が増えてくると思...

[ 情報発信 ]

子供の自転車事故について知っておいて頂きたいこと

こんにちは、スタッフの中前です。自転車は子供にとって身近な乗り物の一つです。一人で自転車に乗り始めると考...

[ 情報発信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ