コラム

 公開日: 2018-05-18 

信号の色

こんにちは。スタッフの栗田です。
最近、3歳の娘が色に興味を持ち始め、色の名前を聞いてくるようになったので、車で信号待ちしている時に信号の色と意味を教えようと思ったのですが、青か緑かで言い合いになり結局教えられなかったという事がありました。

確かに、娘が言うように信号の色は緑ですが、私は「青信号」の方が聞きなれています。
どちらでもいいのですがね。笑

今回はブログを書くということで、青と緑どちらが正解かを調べてみました。

結論から言うと、どちらも正解です。
日本で初めて現在のかたちの信号機がついたのが昭和5年(1930年)。
この時は「緑色信号」と呼び、実際の信号機の色も緑色だったそうです。
しかし、日本人の身近には田んぼや野菜など生活する中で、緑色でも「青葉」や「青物」などと呼ぶものが多く、
次第に「青信号」「青色信号」という呼び方が定着してきました。
そこで、昭和22年(1947年)、実態に合わせ法令上も「青信号」と呼ぶようになったようです。
現在の信号機の色は青に近い色に改められているそうです。
世間の声が法令を変えていたんですね。

近年では、飲酒による死亡事故や危険運転による事故の被害者家族などからの声で刑法が変わりました。
小さな声から、世の中を動かす大きな声にするためには大変な労力や時間が必要だったと思います。
どんな小さな声でも誰かに届く世の中になって欲しいです。

この記事を書いたプロ

株式会社保険パートナー [ホームページ]

保険コンサルタント 齋藤健太郎

岐阜県可児市広見五丁目86番地 アントレG306 [地図]
TEL:0574-49-8725

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
求人情報

おかげさまで着実に業績が積み重なっており、バックオフィスの人員も充実して参りました。もう一段、上のステージに進むため、営業候補者を募集致します。「保険...

 
このプロの紹介記事
齋藤健太郎 さいとうけんたろう

地元・可児に根付く!お客様の安心を守る、保険のパートナー(1/3)

 「保険は難しそうな印象がありますよね。商品が多くあって何を選んでいいのか分からないという声もあるでしょうし、法律や制度など社会の状況によって変わっていくため、理解しづらい点もあるでしょう。私はみなさんに保険をもっと身近に感じてもらえるよう...

齋藤健太郎プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

可児出身の保険のプロが「暮らしの安心」をトータルにカバー

会社名 : 株式会社保険パートナー
住所 : 岐阜県可児市広見五丁目86番地 アントレG306 [地図]
TEL : 0574-49-8725

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0574-49-8725

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤健太郎(さいとうけんたろう)

株式会社保険パートナー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
30代から気をつけたい女性特有の病気

こんにちは。スタッフの伊藤です。年齢が30代に突入すると、女性特有の病気の話を聞く機会が増えてくると思...

[ 情報発信 ]

子供の自転車事故について知っておいて頂きたいこと

こんにちは、スタッフの中前です。自転車は子供にとって身近な乗り物の一つです。一人で自転車に乗り始めると考...

[ 情報発信 ]

入院すると・・・

こんにちは!スタッフの伊藤です。みなさん体調は崩されていないでしょうか?先週うちの子がロタウイルス...

[ 情報発信 ]

損害保険の仕組み

こんにちは、スタッフの中前です。今回は損害保険の仕組みについて紹介します。損害保険の保険料は「保険の...

[ 情報発信 ]

損害保険の始まり

今日はとても暑いですね。スタッフの中前です。事故や災害など「万が一」に備える損害保険、その始まりはい...

[ 情報発信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ