コラム

 公開日: 2017-01-12 

人命軽視、建築基準法が改正されない!

人命軽視、建築基準法が改正されない!


From 羽田 博人

観測史上初めて震度7の激しい揺れを2度も経験した熊本地震は、木造住宅に大きな被害をもたらしました。

地震の多い我が国では、大地震で木造住宅の被害が発生する度に、木造住宅の耐震基準が強化されています。
 2017年現在の耐震基準は、1995年に発生した阪神・淡路大震災の被害を踏まえて2000年に建築基準法が改正され、2000年基準の新耐震基準で木造住宅が建てられています。


 今回の熊本地震では、2000年基準の新耐震基準では想定していなかった、震度7の揺れが2回あった熊本地震の被害状況について具体的なデータが発表されました。
 熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会調査報告書をもとに作成されたデータによると、下のグラフになります。



木造住宅の被害状況

熊本地震 被害状況

 このデータによると、今回の熊本地震では、2000年6月以降に建てられた2000年基準の新耐震基準の木造住宅では、38.6%が何らかの被害を受けていることが分かります。

  私は、今回の木造住宅の被害状況のデータを踏まえて、人命・財産を守る為、更に建築基準法の耐震基準が強化されるだろうと思っていました。


人命軽視


ところが、2016年10月5日に国土交通省が示した方針は、残念な内容でした。
その内容とは、

「2000年耐震基準については、有効性を確認。これを更に強化するのではなく、既存のストックを含めて、同基準が求める耐震性能の確保を目指す」

と言う内容です。


 つまり、2000年基準の新耐震基準の住宅で38.6%の被害があったにもかかわらず、耐震基準の強化を今後もしないという事です。


「今後も同じ耐震基準で、熊本地震と同じような大地震来た時に、木造住宅は大丈夫なの?」
「地震で家は大破し、住宅ローンだけ残るのは嫌だな。」
「家族の命は守れるのかな。」

と、今後の家づくりが心配になるのではないでしょうか。

私のような業界側の人間から見ると、更に耐震基準を強化すると、対応できない中小の工務店もでてくる為、建築会社を保護する為かと考えてしまいます。


法律が改正されない、どうしたらいいの


 今後も国の耐震基準が変わらない以上、熊本地震のような大地震が発生しても、自分や家族を守ってくれる耐震基準の家にする必要があります。
 そこで、2000年基準の新耐震基準よりも耐震基準を上げる方法として、長期優良住宅制度と言う制度を使って家づくりをする方法があります。

  長期優良住宅制度の耐震基準は、2000年基準の新耐震基準を耐震等級1とすると、その耐震基準より上の耐震等級2、耐震等級3と3つのランクに別れています。

今後のあなた様の安心の家づくりは、一番地震に強い耐震等級3の家で建てることではないでしょうか。
 実際に、熊本地震の被害状況でも、耐震等級3の家は無被害14棟、軽微・小破が2棟と耐震等級3の有効性が裏付けされています。


 国は、耐震等級3という耐震基準があるのに、何故その耐震基準を義務化しないのか私は疑問に感じています。
 これから家づくりをされる方には、長期優良住宅制度を使い、耐震等級3の住宅で夢を実現していただきたいと思います。
羽田博人 評判
日本三ツ星工務店協会 代表理事 羽田博人
1969年岐阜市生まれ。幼いころから大工だった父親の後姿を見て育ち、学校卒業後は地元の中堅ゼネコンを経て、名古屋の大手住宅ディベロッパーに就職。その後父が経営する羽田建設の後継者として入社。有名設計士に教えを請い、優良工務店やさまざまな建築現場を見てまわるなど、研さんに励み、これまで住宅延べ150棟以上の建築を手掛ける。一級建築士・宅地建物取引士・CASBEE戸建評価員・既存住宅現況検査技術者などの資格も所有。
⇒日本三ツ星工務店協会 事務局(羽田建設内 HP:http://www.hadanoie.jp/

一方で、羽田建設や日本三ツ星工務店協会の理念である「啐啄(そったく)」に基づき、「親子がともに学べる、心と心のふれあいの場を創設したい」と窪田貞三氏とともにマザーズリンクアカデミーを立ち上げ、現在は理事を務めている。
⇨マザーズリンクアカデミーのHP:https://r-mla.jp/

この記事を書いたプロ

日本三ツ星工務店協会 [ホームページ]

一級建築士 羽田博人

岐阜県岐阜市水海道5-1-19 羽田建設株式会社内 [地図]
TEL:058-246-9327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
羽田博人 はだひろひと

住宅建築の正しい情報を伝え、安心と信頼を提供(1/3)

 岐阜市に事務局を構える「日本三ツ星工務店協会」は、住宅建築の世界で住宅建築の”正しい情報”を伝えることに尽力してきた羽田博人さんが「お客さまに安心と信頼を提供したい」と立ち上げた団体です。 その理念として掲げているのが「啐啄(そったく...

羽田博人プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

「日本三ツ星工務店協会」を主宰し、建築についての情報を発信。

会社名 : 日本三ツ星工務店協会
住所 : 岐阜県岐阜市水海道5-1-19 [地図]
羽田建設株式会社内
TEL : 058-246-9327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-9327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

羽田博人(はだひろひと)

日本三ツ星工務店協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新耐震基準をクリア-した住宅も全壊!熊本地震
イメージ

(写真 日経ホームビルダー)From 羽田博人2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した「マグニチュード6...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

住宅完成保証制度で倒産からお金を守る
イメージ

From  羽田 博人 ある日突然、工務店は倒産します。 2015年の1月に、31億円の売り上げのあった...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

自然素材の家でも火災保険料が半額に! 
イメージ

From 羽田博人名古屋で、省令準耐火構造の技術者講習に参加をしました。省令準耐火構造とは火災に強い住宅...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

エネルギー収支がゼロになる住宅、ZEH(ゼッチ)
イメージ

 エネルギー収支がゼロになる住宅、ZEH(ゼッチ) From 羽田 博人国は、地球温暖化が世界的な課題と...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

長期優良住宅で性能を見える化
イメージ

From 羽田 博人 長期優良住宅とは 長期優良住宅とは、長く住める住宅を目指して2009年6月から法律が...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ