コラム

 公開日: 2016-02-16  最終更新日: 2016-04-11

医師の1言、頭を離れず。

住宅 点検 義務
From 羽田博人

突然ですが、私、3週間前から、ず~と体調不良なんです。

体調不良がず~っと続いているには、おバカな理由があるんです。
今年は、風邪を引いたら風邪薬を飲まずに自力で治してみようと考えていました。
何故、そんな事を思ったかと言うと、47才の自分の自然治癒力がどれ位あるのか急に試してみたくなったんです。

ここでおバカだと思うでしょう(^^;

そしてついにその時がきました。

3週間前に急激に寒くなった事もあり、風邪をひきました。

さあ、早速、薬なしで実験です。
さあ、体を温めて早く寝て、と思ったのですが、できな~い。

自分の治癒力を過信していました。


よくよく考えたら、仕事が忙しくゆっくり休む時間がありません。

そしてどんどん症状が悪化し1日でティッシュBOXを2箱も使用してしまい、資源も無駄にしてしまう状態になりついに自然治癒を断念。
薬を飲むことにしました。

ところが、症状が悪化してから薬を飲んでも治りが遅いんです。
いつまでも、鼻水と咳がじわじわ続く状態で、2週間目になりました。

ここで、息子がインフルエンザA型の感染です。
息子が、40℃の高熱が出た時に、私も38℃の熱が出たので、風邪とインフルエンザの併発かと心配になり医者で調べてもらったら私は風邪との事。

とりあえず、息子のインフルエンザに感染しないように注意をしながら、私も熱が出たり下がったりを繰り返し、とても体調が不安定な状態でした。
その後、息子もインフルエンザの隔離期間も過ぎて、移らなかったと安心しました。

ところが、私の風邪はちっとも治らないんです。
今度は、咳が止まらなくなってきました。

そして今週、また39℃の高熱が出た為、病院に行くとインフルエンザA型と判明。
インフルエンザのワクチンを打ったのに意味がないじゃないのと思いながら、2日間39℃の熱で寝たきりでした。

その時の医者の言葉が今でも頭から離れません

「風邪で体力が落ちて、インフルエンザになっと思うよ....」

医者からその言葉を聞いて、私は誓いました。「今度からはすぐに風邪薬を飲もうと。」

素人判断の危険性


しかし、素人判断で考えると最悪の結果になる事を本当に実感しました。
私は、お医者さんではないので病気の事は分かりません。
勝手に試してみて、身をもって体験したわけです。

実は住宅も同じことが言えます。
住宅のメンテナンスは、早期発見、早期補修が基本になります。

住宅を建ててから、何年・何十年と経つと、外壁の塗り替えや屋根の色の退色、内装材や水周りのパッキンの劣化など、補修が必要な部分や不具合などが出てきます。

また「今度でいいや」と、点検や補修を先延ばしにすると、他の部分にも悪影響を与え、より多くの出費が必要となる恐れがあります。

それでは、住宅のどういった部分を確認して、早期発見・早期補修をしていけばよいのでしょうか?


実は、住宅を建てたお客様は、早期発見と言われても、住宅のどういった場所を確認していいのか分かりません。
その為、お客様が知らない間に、住宅の劣化が進んでしまう恐れがあります。


そこで重要なのが、建築会社が、住宅点検を義務化しているかどうかです。

住宅の専門家が、住宅点検でチェックシートを使い、責任をもって住宅点検をする事で、早期発見・早期補修ができます。
そうする事で、長い目で見れば、お客様に費用の面で大きなメリットが出てくるのです。

追伸 
住宅も車と同じで、定期的な住宅点検が重要です。
住宅の点検を、定期的にする事で、お施主様も安心して、長く住んで頂けると考えています。
日本三ツ星工務店協会の会員社では30年間の長期にわたり、住宅点検の費用も無料で点検しています。
また住宅点検後の報告書も作成して、お施主様にも点検の内容が明確に分かるようにしています。
サイン
日本三ツ星工務店協会 代表理事 羽田博人
1969年岐阜市生まれ。幼いころから大工だった父親の後姿を見て育ち、学校卒業後は地元の中堅ゼネコンを経て、名古屋の大手住宅ディベロッパーに就職。その後父が経営する羽田建設の後継者として入社。有名設計士に教えを請い、優良工務店やさまざまな建築現場を見てまわるなど、研さんに励み、これまで住宅延べ150棟以上の建築を手掛ける。一級建築士や宅地建物取引士などの資格も所有。

一方で、羽田建設や日本三ツ星工務店協会の理念である「啐啄(そったく)」に基づき、「親子がともに学べる、心と心のふれあいの場を創設したい」と窪田貞三氏とともにマザーズリンクアカデミーを立ち上げ、現在は理事を務めている。
⇨マザーズリンクアカデミーのHP:https://r-mla.jp/

この記事を書いたプロ

日本三ツ星工務店協会 [ホームページ]

一級建築士 羽田博人

岐阜県岐阜市水海道5-1-19 羽田建設株式会社内 [地図]
TEL:058-246-9327

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
羽田博人 はだひろひと

住宅建築の正しい情報を伝え、安心と信頼を提供(1/3)

 岐阜市に事務局を構える「日本三ツ星工務店協会」は、住宅建築の世界で住宅建築の”正しい情報”を伝えることに尽力してきた羽田博人さんが「お客さまに安心と信頼を提供したい」と立ち上げた団体です。 その理念として掲げているのが「啐啄(そったく...

羽田博人プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

「日本三ツ星工務店協会」を主宰し、建築についての情報を発信。

会社名 : 日本三ツ星工務店協会
住所 : 岐阜県岐阜市水海道5-1-19 [地図]
羽田建設株式会社内
TEL : 058-246-9327

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-246-9327

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

羽田博人(はだひろひと)

日本三ツ星工務店協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新耐震基準をクリア-した住宅も全壊!熊本地震
イメージ

(写真 日経ホームビルダー)From 羽田博人2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した「マグニチュード6...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

住宅完成保証制度で倒産からお金を守る
イメージ

From  羽田 博人 ある日突然、工務店は倒産します。 2015年の1月に、31億円の売り上げのあった...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

自然素材の家でも火災保険料が半額に! 
イメージ

From 羽田博人名古屋で、省令準耐火構造の技術者講習に参加をしました。省令準耐火構造とは火災に強い住宅...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

エネルギー収支がゼロになる住宅、ZEH(ゼッチ)
イメージ

 エネルギー収支がゼロになる住宅、ZEH(ゼッチ) From 羽田 博人国は、地球温暖化が世界的な課題と...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

長期優良住宅で性能を見える化
イメージ

From 羽田 博人 長期優良住宅とは 長期優良住宅とは、長く住める住宅を目指して2009年6月から法律が...

[ 安心と信頼のクリアな家づくり情報 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ