コラム

 公開日: 2015-09-28 

小さな町の小さな公民館の紹介です!!

昭和41年に建てられたRC造の建物を少しずつ改造して使用されていましたが、ここへきて町の将来のために建替えが計画されました。10m四方の小さな公民館です。
ここは町内の気心が知れた人たちが集まる場所、この建物には玄関がありません、どこからともなく町の人々が自然に集まれるように、、、そんなイメージから建物の周囲どこからでもアプローチできるよう開放的な空間としています。そして高齢者も多くなってきていることもあり段差 0 の建物としていますが、この建物にとってはそれが自然でユニバーサルな存在となっています。

N公民館外観 
ファサードにある一本松は元々ここにあってそれを残しました。新しい公民間に溶け込んでいます。

N公民館集会室
集会室
N公民館集会室

N公民館エントランスアプローチ
エントランスアプローチは西と東にありますが集会室のどの開口からもアプローチが可能です。
表示板は美濃焼の織部です、地元の窯元の秀峰窯で製作されました。

N公民館建替え前
before
建て替え前の公民館です。正面の一本松は町の思い入れの木で、外観写真で紹介したように新しい公民館のファサードに残しています。

アンドウ設計事務所 http://www.atelier-ando.com/

アンドウ設計事務所 http://www.atelier-ando.com/

この記事を書いたプロ

アンドウ設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 安藤孝彦

岐阜県土岐市駄知町2487-12 [地図]
TEL:0572-59-1215

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
安藤孝彦 あんどうたかひこ

木や土、陶器を使い、豊かな空間を創出する一級建築士(1/3)

 美濃焼の産地として知られる土岐市駄知町。この”陶器の里”にアンドウ設計事務所を構えるのが、和とぬくもりを大切にする一級建築設計士の安藤孝彦さんです。安藤さんの手掛ける建物は、住宅はもちろんのこと、動物病院や企業のショールームなど、多岐に渡...

安藤孝彦プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

天然の素材を使い、ぬくもりのある、落ち着いた空間を創出する

事務所名 : アンドウ設計事務所
住所 : 岐阜県土岐市駄知町2487-12 [地図]
TEL : 0572-59-1215

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0572-59-1215

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安藤孝彦(あんどうたかひこ)

アンドウ設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
N
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
光と風が溢れる中庭のある家M邸がようやく完成!!
イメージ

以前にも内部は紹介しましたが、関の家M邸の外構工事が終わり、ようやく全ての工事が完了です。中庭は木格子...

リビングは家族のための特等席!!
イメージ

リビングは家族のためのくつろぎの場、どう暮らしたいか、どんな質感が好きなのか、この空間を構成する心地よさを...

トップライトの魅力は空間が明るく爽やになること!!
イメージ

トップライトの自然光によって空間が明るく爽やかになります!トップライトは一般的な窓に比べて非常に明るく豊...

伝統的な畳を現代のライフスタイル合わせて個性的に取り入れること!!
イメージ

畳は日本の伝統的な床材です。適度の弾力性や保温、調湿作用があり、なんといっても自然素材のイグサの踏み心地...

奥行のあるエントランスホールの紹介です!!しかも造り付けの長椅子もあります!
イメージ

エントランスホール続きですが最近完成したM邸のエントランスホールには造り付けの長椅子があります。靴の脱ぎ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ