コラム一覧

1件~15件(32件)

過去の15件

光と風が溢れる中庭のある家M邸がようやく完成!!

イメージ

以前にも内部は紹介しましたが、関の家M邸の外構工事が終わり、ようやく全ての工事が完了です。中庭は木格子で囲われ、プライベートな空間として内部と一体となりより大きな広がりが生まれました。ここから光や風がもたらされそこには居心地のいい安心感があります。外から段差0で入... 続きを読む

2016-11-16

関の家M邸に陶板織部の表札が設置されました!!

イメージ

関の家M邸の表札と郵便受けが設置されました。外構工事も大詰めを迎えています。杉板の一枚板に織部の陶板の表札が映えています。杉板と一体となって下方の奥に古材で作られた郵便受けが設置されています。郵便物は横から出し入れします。表札の陶板は秀峰窯、郵便受けは工房あー製作。... 続きを読む

2016-10-25

守山の家S邸の1年点検!!

イメージ

守山の家S邸が1年目を迎え、先日1年点検を行いました。真新しい家に住まわれて1年、季節が一巡して新たな生活リズムができてきて、家族が自然体でいられる空気がただよっています。そんな生活の中で建物として新たな問題が無いか確認をしています。生活の動きの中で支障をきたす部分は一部小... 続きを読む

2016-08-28

リビングは家族のための特等席!!

イメージ

リビングは家族のためのくつろぎの場、どう暮らしたいか、どんな質感が好きなのか、この空間を構成する心地よさを自分自身に問いながら再確認していく、、、自分に、家族に必要なものを将来も見据えながら見極めたいですね。全体的にシックな空間です。薪ストーブ、ローテーブル、キッチンカ... 続きを読む

2016-08-01

住宅の個室は家族の関係性の中で考えること!!

イメージ

子供部屋や夫婦の部屋あるいは祖父母などそれぞれの個室が住宅にはありますが、そんな個室はどうあるべきなのでしょう。それぞれの家族で考え方やあり方は違うと思います。その考え方やそれぞれの性格、家族との関係性を建築主自身も再確認しながら丁寧に建物に反映させていくことが大切です。家族... 続きを読む

2016-06-25

トップライトの魅力は空間が明るく爽やになること!!

イメージ

トップライトの自然光によって空間が明るく爽やかになります!トップライトは一般的な窓に比べて非常に明るく豊かな光をもたらします。暗くなりがちな北側の部屋や、中廊下などには特に有効です。また、あまり大きな窓を設けるとプライバシーが確保できなかったり、周りに高い建物があったりし... 続きを読む

2016-06-13

守山の家S邸が再びhomify(日本)の特集記事で取り上げられました!!

イメージ

今度はオンラインマガジンhomifyの日本版の特集記事で再び守山の家S邸が掲載されました。こちら→ https://www.homify.jp/ideabooks/734058/4 ホームページでご存知かもしれませんが、改めてお知らせです。 続きを読む

2016-05-26

光が溢れ、風を感じる中庭のある家を紹介します!!

イメージ

3世代の家族全員が心地よく居られる住まい、風通しがよく光の溢れる住まい、来客が気楽に立ち寄れる住まい!そんな希望から計画が始まりました。既存の鉄骨3階建ての建物の南側に間を空けて東西に小さな2棟の建物を配置し既存とつなげています。空けた部分にはプライベートな中庭が形成され、そこ... 続きを読む

2016-05-20

伝統的な畳を現代のライフスタイル合わせて個性的に取り入れること!!

イメージ

畳は日本の伝統的な床材です。適度の弾力性や保温、調湿作用があり、なんといっても自然素材のイグサの踏み心地や座り心地、寝心地がよいので気持ちよく過ごせますね。古くから日本独特の座るという生活が普及していましたが、洋風化でそのスタイルが変わってきました。ただ、やはり日本人が潜在... 続きを読む

2016-05-10

奥行のあるエントランスホールの紹介です!!しかも造り付けの長椅子もあります!

イメージ

エントランスホール続きですが最近完成したM邸のエントランスホールには造り付けの長椅子があります。靴の脱ぎ履きや、荷物を置くのにも使えます。ここでは井戸端会議が開かれる?かもしれません^^。玄関戸を開けると奥へ深くなっていて、距離感があり広く感じることのできるエントラン... 続きを読む

2016-05-02

エントランスホールいわゆる玄関はお客様を迎える空間、、、だからこそ「しつらい」と十分な収納を!!

イメージ

玄関は家の主要な出入り口に設けられる空間で、お客様を迎える時、そこは住む人の第一印象となる場です。ささやかでも、もてなしの空間として工夫をし、心地よい「しつらい」をしたいものです。また履物などが散乱しないよう十分な収納スペースを確保したいですね。玄関戸を入って正面ア―ル開... 続きを読む

2016-04-29

窯元の家N邸、生活動線もいい!無垢の木や土壁で落ち着いた快適な住まい!!そんな声をいただきました

イメージ

完成して約4年8ヵ月が経ちました。木や土に深みが増してより落ち着きのある空間になり家そのものの息づかいが感じられます。生活のリズムも整い猫たちも慣れ親しんでいるようです。つい先日、クライアントからお客様の声 をいただきました。当時の生活環境や、住まいに対する思いが書かれていて... 続きを読む

2016-04-12

再び守山の家S邸の紹介、ぬくもりのある落ち着いた居住空間に満足度200%!!

イメージ

クライアントからお客様の声をいただきました 完成して約8ヶ月、なんと満足度200%というありがたい言葉をいただきとても嬉しく思っています。吹抜けにある既存建物から再利用した梁の丸太からは先祖の力強さを感じます。そこに窓が開かれ天井に沿って明るい光が広がっています。また障子越し... 続きを読む

2016-03-30

日本の伝統様式の和、座る、がモダンの中にある家H邸を紹介します。

イメージ

やはり日本人は座るというのがより落ち着き、安心してくつろぐことがでるのでしょう。年を重ねるごとに深みを増していく木や土壁、障子、常に呼吸をしているそれらの素材は、住まう人に心地よい感覚を与え続けています。このリビングはオンラインマガジンhomify(韓国版)の記事で掲載され... 続きを読む

2016-03-02

和モダンでシックな薪ストーブのある家を紹介します!!

イメージ

築27年の和風住宅のリノベーションです。元々の造りがよい建物でしたが、使い勝手よく、明るい、暖かい住まいにするために計画されました。さらに耐震性もよくするため、補強も行いました。リビングは床下に断熱材を仕込み無垢のフローリングに張替え薪ストーブを置き、室温を一定にする... 続きを読む

2016-02-10

1件~15件(32件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
安藤孝彦 あんどうたかひこ

木や土、陶器を使い、豊かな空間を創出する一級建築士(1/3)

 美濃焼の産地として知られる土岐市駄知町。この”陶器の里”にアンドウ設計事務所を構えるのが、和とぬくもりを大切にする一級建築設計士の安藤孝彦さんです。安藤さんの手掛ける建物は、住宅はもちろんのこと、動物病院や企業のショールームなど、多岐に渡...

安藤孝彦プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

天然の素材を使い、ぬくもりのある、落ち着いた空間を創出する

事務所名 : アンドウ設計事務所
住所 : 岐阜県土岐市駄知町2487-12 [地図]
TEL : 0572-59-1215

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0572-59-1215

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安藤孝彦(あんどうたかひこ)

アンドウ設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
N
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
光と風が溢れる中庭のある家M邸がようやく完成!!
イメージ

以前にも内部は紹介しましたが、関の家M邸の外構工事が終わり、ようやく全ての工事が完了です。中庭は木格子...

リビングは家族のための特等席!!
イメージ

リビングは家族のためのくつろぎの場、どう暮らしたいか、どんな質感が好きなのか、この空間を構成する心地よさを...

トップライトの魅力は空間が明るく爽やになること!!
イメージ

トップライトの自然光によって空間が明るく爽やかになります!トップライトは一般的な窓に比べて非常に明るく豊...

伝統的な畳を現代のライフスタイル合わせて個性的に取り入れること!!
イメージ

畳は日本の伝統的な床材です。適度の弾力性や保温、調湿作用があり、なんといっても自然素材のイグサの踏み心地...

奥行のあるエントランスホールの紹介です!!しかも造り付けの長椅子もあります!
イメージ

エントランスホール続きですが最近完成したM邸のエントランスホールには造り付けの長椅子があります。靴の脱ぎ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ