コラム

 公開日: 2016-08-22 

「三方良し」はWIN-WIN

 「三方良し」(さんぽうよし)とは「売り手」良し「買い手」良し「世間」良しという意味で、売り手にとっても買い手にとっても利があり、それが世の中の役にも立っているという考え方であり、近江商人の心得としてよく知られています。高尚な理念のように思われがちですが、商いの観点からしたら至極当然のことです。私は極端な営利に走らないよう、お客さまの目線で考えるようにと戒めの意味で標榜に掲げています。
 美術品・骨董品はそのものが文化を担っています。長い年月に何度も淘汰されながらでも受け継がれていくべきものです。時流の相場もありますので同じ品物が10年の間に何十倍の価値になることもあればその逆もあります。なので高いから良いのか、安いから悪いのかというとそれは別の話であります。
 骨董品の陶磁器でいうと30年前は伊万里が流行になりつつあり、蛸唐草といわれる柄の染付が驚くほど高くなりました、その後日本の景気が後退すると次に韓国の高麗・李朝の陶磁器がブームになりました。それがここ数年の中国骨董のブームで一部の品物は何億という評価になりました。
 今はまだ中国の骨董品が高く日本や韓国の骨董品はいい時期より値段は下がってしまいましたが、伊万里も高麗・李朝も中国の陶磁器もみんな良いものは良いのです。ですので今は大した評価もない品物が時代を経て再評価、再々評価を受けるかもしれません。それらを身近に置いて愛でたい方、また価値がわかってもお守りしていくことができない方もいらしゃいます。その方々の間に入って適正な金額をお伝えしたり、いろいろな役に立つために私たち美術商はいるのです。

 そうはいってもきれいごとだけでは成り立ちませんので当店的な三方よしの解釈は

「売り手」「買い手」「当店」が良ければそれが世間の役に立つ、みんなが幸せ。よくいうWINーWINの関係ですね。

この記事を書いたプロ

美術品の相談室 田口美術 [ホームページ]

田口良成

岐阜県岐阜市本荘中ノ町10-43-1 [地図]
TEL:058-277-0285

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田口良成 たぐちよしなり

「美術品の相談室。」として、お客さまに分かりやすく説明ができる美術品鑑定を行う美術商(1/3)

 岐阜県美術館のほど近くに店舗を構える田口美術。室内に一歩踏み入れると、多彩な美術家の作品が展示される画廊で店主を務めているのが田口良成さん。あらゆる時代の美術品や日本画などを極めた学芸員(美術館に勤めるために必要な国家資格)の資格も持つ美...

田口良成プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

豊富な知識と経験をもとに「美術品の相談室。」として鑑定、売買

会社名 : 美術品の相談室 田口美術
住所 : 岐阜県岐阜市本荘中ノ町10-43-1 [地図]
TEL : 058-277-0285

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-277-0285

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田口良成(たぐちよしなり)

美術品の相談室 田口美術

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
先月のお宝発見事例 銀製品
イメージ

田口美術で買い取らせていただいた作品をいくつか紹介していきます。今回は銀製品の話です。銀製品は1グラム40...

[ お宝発見 ]

13日より日本画家・服部しほりの個展「一筆鶏上 -意は筆先に在り」を開催します
イメージ

田口美術では年に数回展覧会を開きますが、今月の13日からは日本画家・服部しほりの個展を開催します。服部し...

[ 展覧会 ]

美術品の扱いについて

 時折お客さまに査定のときお話しするのが品物の扱い方です。掛け軸の巻き方や陶磁器の箱の紐の結び方など適当な...

最近の買取事情

 涼しくなり初めて今月から当店でも多くのお客さまからの買取をさせていただきまいたが、最近気になったことがあ...

怪談?

夏なのでというわけではないのですが、迷信とか信じない私が過去に体験した不思議な話をひとつします。今から二...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ