コラム

 公開日: 2016-09-30 

からだに作用させたい「実技応用講座」募集開始しました!

本当に教わりたいことは、どこへ行けばいいの?

プロのアロマセラピストとして技術を深めたいと思って、様々な協会やプライベートサロンの講座を受講してみても、そこで教わるのは、また新たな手技…… 本質的には「新たな/新しく」もなく、要は、その協会の型を教わるだけ。
あなた自身の技を深めたことにはならないのです。

お客さまから料金をいただいて施術をした経験のある人が、じぶんの技術をさらに向上させたいと願う場合、本当に習得したいと感じている事柄とは、お客さまのご要望に寄り添えるプロとしての技術

だからといって、アロマテラピーは第七頸椎がどうのとか、梨状筋の起始停止がとか、局所的な治療法ではないので、解剖生理学の詰め込みが解決策になるわけでもありません。

アロマセラピストとして、手技を深めたいという本質は、自分の手技を、お客さまはどう感じているのだろうという点につきるのではと思っています。


㋹ 手技の一つ一つが身体へどのような作用があって
(あるいは、そもそも作用が有るのか無いのか)
㋹ どのように組み立てると、ご要望に沿う内容になるのか

こういう疑問に対しては、いくら新たな手技を追加しても、あなたが欲しい答えには辿りつけないのではないでしょうか

なぜなら、これらは個別で、感覚的なことだから!

例えば、サークリング: 左右の拇指のはらで、円を交互に描く手技
それぞれのスクールで一度は習ったことがあるかたが多いのでは。

そのサークリングですが、「左右の親指で円を描く」と、形だけを習って卒業しているため、セラピストになった後、皆さん、実はやり方が色々

㋹ 親指を元気に動かして、皮膚の上を大きく円を描くかた
㋹ 指先に力を入れてゴシゴシほぐすかた
㋹ 勢いのリズムをつけて、出だしからグングンと回すかた
㋹ 指の第一関節を押し付けて円を描くかた
㋹ 指の付け根まで使って円を描くかた
㋹ 皮膚刺激・皮膚摩擦になってしまっているかた
㋹ 圧がベタ塗りのように、一律で単調になっているかた 

→ 常に関節(骨)を使うと、それは「固い圧」になってしまい、お客さまはリラックスができません。お客さまがいったん身体を緊張させてしまうと、じんわり深くほぐしていくという様にはなりません。

→ 皮膚の上を無闇に動かせは、それは「皮膚刺激・皮膚摩擦」になってしまいます。
また、お客さまの身体に対して平行な圧だけでは、セラピストが頑張る割には、お客さまの身体への作用は少ないのです。状況に合せて、手のひらや指のはらの角度を変える必要があります。それを”エッジをかける”と呼んでお伝えしています。

どれが良いとか、そうじゃないということではなく、意識してそうしているのか、ただクセでそうなっているのかどうかです。

お一人お一人のお客さまの状態に合せてサークリングする意味はどんなことで、何を実現しようとしているのか、だからこのような圧、向き、ライン、速度でサークリングする……そういう詳細な意識と組み立てで、60分施術するのと、一通り型どおりのトリートメントをするのとでは、もたらされる結果や、お客さまの満足度が違って当然かもしれません。

それなのに、こういった現場での施術の感覚的なことやその意味合い、目指す方向性という本質的なことは、最初に卒業するスクールでは教わることができないのです。

なぜ?

一つには、まず基本の型を覚えて、一通り施術をできるようになるレッスンしか時間がないこと

二つめは、感覚を磨くことは、卒業後、現場でやることで、スクールで手取り足取りは教えられない……
これをするには、講師が一人一人の受講生の手技を何度も受けて、丹念にアドバイスする必要があるからです。

また、アドバイスしても受講生に実地経験がないため、その時点ではアドバイスの内容がピンと来ないという事情も。

三つめは、そもそも感覚的なことは、宝だから!
アロマセラピストが経験を積んでいくなかで、自ら習得していく貴重な財産であり、それが個々のサロンの差別化にもなり、そんな大切な知的財産、他の人に公開できない~~~!

など(●´ω`●) 色々な理由が重なり合っているのだと思います。


感覚的なレッスンこそ、将来に向けて必要なこと

一つ一つの手技が深化していくには、そして前述した感覚的なことをお伝えするには、実は、前提となることがあります。

それは、身体内部を感じとれる皮膚感覚です。

身体の言語は、流れているか、うっ滞しているかしかありません。
それがコリやはりやむくみとして現れたり、乾燥やコジワ、シミ、くすみとして現れたり、冷たい、温かい、固い、柔らかいの違いだったり……こういった内部の状態を、ご自身の手のひらで感じ取れて、ご自身のなかで再構築できる筋道が必要なのです。

これが無ければ、何のためにサークリングをするのか、何のために皮下組織までじんわり圧を加えていくのか、そういった根幹部分を納得して実践することにはならない

ご自身の皮膚感覚と、筋道、実際の手技の加減が混然一体となった時、はじめて自由に手技の組み立てが出来るようになるのではないでしょうか。

きわめて感覚的なこと ①皮膚感覚 ②筋道 ③実際の手技の加減を、人生のどこかで集中的に学ぶと、その後のアロマセラピストとしての可能性が広がっていく

そんなレッスンを受けてみたいというかたへ

手技を純粋に上達させたいかたのための

実技応用講座

15時間(3時間 x 5回) 150,000円(税別)
先着20名 9月30日午後5時より受付開始!

*お一人お一人に丁寧に向かい合いたいから
一度に沢山のかたにお伝えすることはできなくて。
20名のかたが納得して習得し終えるまで
誠心誠意、レッスン時間を費やしたいと思います。

【こんなかたにおススメです】
〇 自分の手技がどんな感じなのか知りたい
〇 圧加減はこれでいいのか、確かな助言が欲しい
〇 ねらうラインはこれで合っているのか?
〇 解剖生理学や症状別の根拠が知りたい
〇 知識と手技をきちんと結びつけたい
〇 3ヶ月のプログラムを組み立てられるセラピストになりたい
〇 顧客満足度は何なのか迷い始めているかた
〇 アロマセラピストは何が出来るのか模索中のかた
〇 リラクゼーションだけではない施術を提供したいかた
〇 自分の施術に客観的な改善方法を求めているかた
〇 何をプラスしたら、マイナスしたらいいのか迷っているかた
〇 次のステージへ移りたいと思っているかた
〇 今通っているスクールだけでは物足りないので、Wスクールをというかた
〇 そろそろ学び直してもいい時期だと感じているかた

【対象となるかた】
◆ 基本的には、アロマセラピスト歴 1~3年
◆ 1年未満、4年以上というかたもご相談ください
◆ アロマセラピストに向けて勉強中というかたは
ご家族・友人などへの施術を10名以上事前に行ってください
◆ アロマ以外の施術者もご相談ください

【実技応用講座の特徴】
〇 お一人お一人の施術を講師が受けて丹念にアドバイスします
〇 受けた施術を、即、講師が受講生のかたへ施術いたします
感覚的なことは、言葉+手技(感覚)でしか伝わりません。

この角度だと、お客さまはこう感じる、このような作用が期待できる
この瞬間に圧を抜くなど、お一人お一人に丁寧にお伝えします。

〇 一つ一つの実技に合せて、その根拠をお伝えします
解剖生理学から、経絡から、タイ古式センから
それぞれなぜここをねらうのか、手技の意味合いをお伝えします。

〇 具体的なお客さまのご要望・お困りごとを挙げて
実際にどのような手技やアプーチをすると
お客さまのご要望やお気持ちに寄り添うことができるのか
具体的な例と具体的な方法をお伝えします。

〇 受講生お一人お一人のご興味や特性に合わせて
講座最終回では、どのような方向性と手技の組み立てが
それぞれの受講生のかたの強みになるのかアドバイスいたします。

【講座内容(15時間)】
1 手のひら/指のはらで体内を感じ取るレッスン 3時間
→ 読み取った内容を深めてみる
2 効果的な手技の個別習得 6時間
→ お一人お一人個別にご案内するので安心です 
3 アロマセラピストならではの症状別の施術法 3時間
→ プロとして3か月プログラムを作れることを目指します
4 あなたならではの施術法を構築 3時間
→ あなたがアロマセラピストとして寄り添う形を具体化します

【受講スタート時期】
2016年10月~ 先着20名

【受講者クラス・レッスン日】
レッスンは、2~4名までで構成
受講者の経験や希望日時をお伺いして
最適と思われるクラス・レッスン日をご提供いたします

【ご相談・公開日】
10月10日(月・祝)14:30~15:30
プロ本科アロマセラピススト養成講座(基礎編)の
受講生のかたの卒業試験(実技)を一般公開いたします!

◆卒業試験アロマトリートメント実技◆
一般公開いたします!
*卒試を一般公開するって、あまり聞いたことないですよね
卒業予定のかたがOKしてくれたので実現できます(●´ω`●)

実際にご見学いただいて、その後、ご相談など承ります。
ご見学は無料ですが、事前のご予約が必要です。

末尾記載のサロン直通電話か、メールフォーム
またはメールアドレスからご予約ください。

お名前、連絡先、10月10日見学希望とお書き添えください。

また、10月10日以外の日も、ご相談は承れます。
ご都合の良い日をいくつかお知らせくださいませ。
折り返しいたします。

【講座開催/見学会場】
アロマ亭咲くら
岐阜市長住町9-11 TANAKAビル 9F


駐車場有り*ご相談ください

お問合せ・ご予約先
アロマ亭咲くら
サロン直通: 058-215-6699
メールフォーム

手技を深めてアロマセラピストとして活躍したいと願う
皆さまのご参加をお待ちしています。

この記事を書いたプロ

アロマ亭 咲くら [ホームページ]

アロマセラピスト 植松美穂

岐阜県岐阜市長住町9丁目11 TANAKAビル902 [地図]
TEL:058-215-6699

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご感想
ドキドキ♡アロマブレンディング

~セルフ・フェイシャルは、やりかたが大切~イベント参加者の皆さまのご感想です!!こちらこそ、有難うございました♡◆全部の回に参加させて頂きました。...

 
このプロの紹介記事
植松美穂 うえまつみほ

コンサルタントが牽引!女性が自分を癒せる社会を目指して(1/3)

 アロマグッズなどがショップに並ぶようになった今、お気に入りのアロマがあるという人もいるのではないでしょうか。海外ではアロマは代替医療の一つとして知られ、心身の健康と深く結びつくものですが、日本では健康や人生の質の向上とは切り離されているの...

植松美穂プロに相談してみよう!

ぎふチャン マイベストプロ

体質改善のアロマケア代表

屋号 : アロマ亭 咲くら
住所 : 岐阜県岐阜市長住町9丁目11 TANAKAビル902 [地図]
TEL : 058-215-6699

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

058-215-6699

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

植松美穂(うえまつみほ)

アロマ亭 咲くら

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
発酵スイーツカフェ x オンジャク(冷えとり)
イメージ

 どちらも古(いにしえ)の智恵 Ж 和の食材の発酵の力 Ж 温めた石を胃腸にのせて温める 手足が冷た...

[ 冷え改善 ]

アロマセラピスト二人掛かりで、アロマ温石コース80分
イメージ

 アロマセラピスト二人によるシンクロ施術 アロマセラピスト二人掛かりでシンクロさせながら行う施術これ...

[ 冷え改善 ]

アロマ温石の使い方♡ショート動画
イメージ

アロマ温石(おんじゃく)を、日々の生活の中で楽しんでいただいて、本当に有難うございます。感謝の気持ち...

[ 冷え改善 ]

不自然に老いるとは、冷えて固まってしまうこと
イメージ

 こんな症状はありませんか 暴飲暴食なのに、細胞は飢餓状態酷暑の中、冷えを抱えて美容液ベタベタでも...

[ 冷え改善 ]

冷えとりグッズ♡アロマ温石を使った方々のご感想
イメージ

 お一人お一人からいただいたアロマ温石の感想とお写真たち 生き生きと楽しそうなご様子のものばかりです♬...

[ 冷え改善 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ